心身条件反射療法

目次



あなたのお悩みは?

[check]長引く痛みやしびれで悩んでいる

[check]整形外科や整骨院でも変化が乏しい

[check]痛みに不安や恐怖がある

[check]日々の生活にストレスを
感じる

[check]心と体のバランスを見てほしい


痛みは脳で感じる

あなたの腰が痛いとします。
痛みを感じる場所は腰ですが
その場所を教えてくれるのは
どこか知っていますか?

それは脳です。

脳がなければ痛みを感じるのは
困難です。

脳は痛みの受信装置であり
痛みの認識装置でもあります。

慢性痛を経験し痛みをネットで調べると
脳と痛みの関係をたくさん見る事が出来ます。

参考サイト
認定NPO法人痛み医学情報センター
参考動画
整形外科医、臨床心理士
北原雅樹
慢性痛と脳


痛みは記憶される

痛みは記憶される

痛みは脳で感じるという事を
説明させて頂きました。

そして繰返される痛みは
どうなると思いますか?

答えは

痛みは記憶されるという事です。

痛みを過剰に感じる脳の記憶を
脳の誤作動記憶と言います。
言葉を覚える必要はありません。

脳の記憶は痛みも記憶すると
理解して頂ければ大丈夫です。


ストレスからの不調

ハートカイロ

ストレスがあると痛みに
過敏になると言われています。

過剰なストレスは何故
痛みを過敏にするのでしょうか?

ストレスを大きく分けると
性格による内部要因と環境による
外部要因があると考えられます。

ストレスによる身体の影響は
痛みだけではありません。

例を上げます

・血行不良・自律神経失調症
・睡眠不足・うつ病
・慢性痛'・肌荒れ'・免疫力の低下
・胃腸障害・筋肉の拘縮

このような状態で体が弱っているので
ますます痛みに敏感になります。

痛みの記憶が脳に刷り込まれる事で
条件反射のように再現されやすくなります


痛みの条件反射

痛みの仕組みを知って痛みに
捕らわれないようにしましょう。

その上で、知っておいた方が
良いのが痛みの条件反射です
まず条件反射とは何でしょうか?

レモン

「日常の条件反射」
うめぼし=唾液
レモン=唾液

レモンや梅干しを想像すると唾液が出る
体の反射作用を条件反射といいます。

これと同じような事が痛みでも起こります。

例えば腰を曲げると痛いと繰返した
記憶が脳に条件付けされ腰を曲げるという
想像だけで痛みを感じるようになります。

痛みの条件反射を知っておくと
痛みのスイッチが人それぞれにある事が
理解できます



痛みの記憶が強く
なっていませんか?

痛みの各種

これまでの内容で痛みは脳で
感じるとお伝えしてきました。

そして
その仕組みは、二つあり

「脳の誤差動記憶」
「痛みの条件反射」

があると知って頂けたでしょうか?

ここで具体例をご紹介します。
参考して下さい

痛みに対して
・常に痛いと言っている
・いつも痛い
・何をしても痛い

そこで問診の際ある事を伺います。

寝る時は痛みますか?
すると・・・

・あまり痛くない・睡眠中は痛くない
 と返答されます。

常に痛い時は睡眠中も痛みに苦しみますので
寝る事がきません。

高熱であればうなされる、骨折であれば
激痛でなかなか寝る事ができません。

痛みの誤作動

痛みを過剰に表現している時
その裏には別の感情が隠れていたりします。

痛みがある事で自分を守ろうとする
注目してほしい。
かまってほしい。
自分への言い訳にする。

無意識に体がストップを掛けている
可能性があるのです。

その仕組みとしては
・脳の誤作動記憶
・痛みの条件反射が
働いている場合があります



必ず知ってほしい事

ここでは他のサイトにはないストレスの
ある秘密をお伝えします。

ストレスで慢性痛

現代社会はストレス社会と
言われています。

ストレスの感じ方には
二つのパターンがあります

A=ストレスを自覚している

B=ストレスを自覚していない

問題となるストレスに自覚があれば
対処も出来ますがストレスに自覚ない場合
心の奥でストレスを抱える為に症状が
長引く傾向があります。

ハートカイロでは検査で潜在的な
ストレスを見つけて矯正し整えていきます。

原因不明の痛みがある場合は
無意識にストレスが蓄積している
場合があります。

無意識なのでご自身でストレスは
意識されず検査をすると反応が出たりします。

自覚されないストレスは心と体に不一致を生み
痛みや症状につながっているのかもしれません。


心身条件反射療法
向いている方

みんなの笑顔

[check]どこに行っても変化がない

[check]ストレスが痛みの原因では、ないかと感じている方

[check]自分では気づいてない心理的な原因があるかもと思ってる

[check]心身のバランスを整えたい

[check]根本的な要因を解決したい



慢性痛が緩和しにくい理由

心身条件反射療法から
資料貼付


検査方法


関節痛の検査


アレルギーの検査


認定書者

心身条件反射療法認定書

キャプチャ

「該当内容」

常に痛みを感じる方は脳の誤作動の
検査をお勧めします。

「お悩み」
頭痛 自律神経失調症 不眠症 坐骨神経痛 腰痛
ギックリ腰 ぎっくり背中 足底筋膜炎
腰痛椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症
膝痛 膝内側の痛み 変形性膝関節症
肩甲骨の痛み 首こり肩こり 背部痛 股関痛
事故のトラウマ アレルギー症状 自律神経失調症
パニック症候群


心身条件反射療法
ニューロパターンセラピー

日本の保井先生が
考案された施術になります
詳しくは、こちら
http://www.mindbody.jp/

脳が無意識に学習した
誤作動記憶を健全な記憶に
書き換える施術です
(PCRTのHP引用)

痛みを過敏にしてしまう
脳の誤作動記憶を上書きする事で
痛み過敏を軽減して行きます。

痛みのトラウマ
痛みの条件反射と
考えると分かりやすいと
思います



日経プラス10の動画

慢性腰痛BSジャパン①
日経プラス10 腰痛治療最新情報!
多くの原因は「脳」にある
松平浩(東京大学医学部付属
病院特任教授)
BS JAPAN https://youtu.be/ok5C1qS1P4c


参考文献

長引く腰痛は脳の錯覚だった
監修 菊池臣一
著者 丹羽真一 大谷晃司 笠原論


腰痛は脳で治す
出版社 宝島社
著者 東京大学医学部付属病院
特任教授 松平 浩
東京大学医学部付属病院
助教 笠原 論


関連ページ


a:3019 t:1 y:0