不調の原因 思考癖


不調につながる思考癖

医療機関で変化が乏しい時
ある疑問が沸いてきます

それは同じような
環境にいるのに
不調になる方
不調にならない方
がいる事。

[check]同じような仕事
[check]同じような家庭環境
[check]同じような食事

なのに自分だけ
なぜでしょうか?

そこには個体差が
あります。
つまり個々の違いです。

目に見える違い
目に見えない違い
の二種類があります。

目に見える違い
・男女の違い
・年齢の違い
・体の大きさの違い
・健康診断による数値

そして問題なのが
目には見えない違いです

その一つが思考癖です。

もしかしたら
あなたには
不調になりやすい
思考癖が
あるかもしれません


思考癖とは

思考癖とは
何かを考える時の
ベースとなるものです。

癖とは
脳でパターン化された
無意識に行われる
動作や思考の事です。

誤解が無いように
お伝えします。

思考癖の全てが悪いという
意味ではありません。

だれでも癖はあります。

その癖の中で
不調につながる
思考癖があるという事です。

それではその思考癖を
具体的に2つご紹介します


不調ゼロに執着する思考癖

不調が長引くと
その不調に対して
・恐怖
・不安
・怒り
など感じる事があります

当然、避けたいと思う
気持ちです

不調や痛みで言えば
不調を感じなくしたい
という気持ちです。

つまり
不調や痛みを
ゼロにしたという
思考癖です。

その結果
不調や痛み探しを
無意識でしています。

ゼロを目指す
その繰返しが脳に根付き
不調に対して過敏になります。

あなたも不調のゼロを
目指す思考癖がありませんか?


不調につながる思考癖
「完璧主義」

完璧主義は気づかずに
あなたにストレスを与えます

そうせずにはいられない
性格、行動が少しづつ
体に負担を掛けて行きます

集中力を高める為に
緊張状態へ
結果、血行不良から
筋肉が固まりやすくなります

しかし完璧主義を否定して
いるわけではありません

仕事の上で必要な
場面が多数あります。

大切なのは
そのメリハリです。

完璧主義で
問題なのは個人
レベルのこだわりです。

例えば
・だれも困らない
・喜ばない
・自己満足
に神経をすり減らして
いるような状態です

不調にも
関わらずそれをしないと
気が済まない完璧主義は
不調につながる思考癖です。


a:210 t:1 y:0