お腹の不調

お腹の不調

お腹が不調な時ストレスが関係
している事は有名です。

しかし
複数ストレスがありどの
ストレスが関係しているか
分からない場合もあります。

つまり無意識に胃とストレスが
つながり不調を生みます。

代表的なのが自律神経の乱れです

自律神経が乱れると、
交感神経や副交感神経が
過敏に働く事により下
痢や便秘、痛みを
感じる事があります。

交感神経が働きすぎると

血行が悪くなったり粘液分泌が減少し
お腹の粘膜が薄くなる

副交感神経が働きすぎると

消化液の増加も重なり
腹痛につながると言われて
います。

当院では体が緊張する反応を使って
ストレスにつながるキーワード
を検出します。

感情・価値観・信念の中から
具体的なストレスを自覚する事で
つながりを中和するように
胃痛との関係をリセットします。

参考ページ

機能性ディスペプシア
過敏性腸症候群

施術方法
心身条件反射療法

心と体の調和を図る事で
本来の回復する力を
発揮しやすくします。

a:277 t:3 y:0