画像異常は腰痛の原因

画像異常は腰痛の原因か

レントゲンやMRIで
腰痛の原因は
一部わかります

具体的には約15%です。

画像検査

さらに具体的には
以下の2つの可能性が
あります。

[check]腰椎椎間板ヘルニア
[check]腰椎脊柱管狭窄症

ただ画像検査が
痛みの原因かというと
必ずしもそうでは
ありません。

それはNHKのサイトで
医師が説明しています。
タップでサイトに移動
ヘルニアがあっても症状が出ない場合も多い

参考文献からも
画像と腰痛の情報を
お伝えします。

新しい腰痛対策Q&A21
[著者]
関東労災病院
勤労者 筋・骨格系疾患研究センターセンター長
松平 浩

レントゲンやMRIの所見をみて
・骨が変形している
・椎間板が痛んでいる
・ヘルニアがある
・分離症

これらは本当に
腰痛の原因か?

知っておきたい内容
P.11引用

新常識
画像所見のほどんどは腰痛の
原因を説明できません。

また、今後腰痛で困り続けるか
どうかの判断材料にもならない
事が多いのです。

よって腰の画像所見を
ネガティブイメージで
指摘されても悲観する必要は
ありません。

ヘルニア画像も含めて
このような所見は腰痛が
あろうがなかろうと
一つくらいは多くの人に
見られる

逆に腰痛持ちでも
画像に全く異常所見がない
人もいます。


a:9 t:1 y:0