ヘルニアは腰痛の原因か

ヘルニアは腰痛の原因か?

腰痛の原因の一つ
腰椎椎間板ヘルニア

今回はこちら本の
一部をご紹介します

どこかで施術を受ける際に
参考になれば幸いです。

出版社
メディカルトリビューン

本の名前
「腰痛のナゼとナゾ」
治らないを考える
2011年8月15日第1版第1刷発行
著者:菊池臣一
P.24~25
下引用になります。


ヘルニアの海外の研究

海外の研究では
スイスからの報告に
画像診断を受けた健常者の
76%に無症状の
椎間板ヘルニアが
みられたという研究があります。

また、
フィンランドの研究によると
腰痛経験者の約半数がMRIに
よる画像診断で椎間板に変性が
みられない正常の所見
だったことがわかり
「腰痛と椎間板変性との間には
関連性がない」と結論
づけています。

さらに米国からは
20歳から80歳までの
腰痛や脚の痛みを経験した事がない
人々の画像診断の結果
21~36%に椎間板ヘルニアが
50~79%に
椎間板膨隆
(ついかんばんぼうりゅう=ふくらみ)が
34~93%に
椎間板変性がみられと
報告されるなど従来のように
「ヘルニアの存在=腰痛の原因」と
する考え方を否定する
研究結果が相次いでいます。

最近はMRIの普及により
椎間板ヘルニアの経過を追う事が
可能になりヘルニアは時間とともに
自然と縮小・消失して
いく事が分かってきました。

ヘルニアが縮小・消失すれば
腰痛も治まっていくことも
明らかになりました。

しかしヘルニアが
なくならなければ症状が
消失しないかというと
そうではない患者さんも
多い事が明らかなのです。

つまりヘルニアが
あっても腰痛は治るのです。

さらにヘルニアが
縮小・消失して症状が軽快した
患者さんの時間経過を
詳細に調べてみると
ヘルニア縮小・消失する以前に
症状がよくなっていました。

つまり先の例のように
ヘルニアがあっても
腰痛はなくなるのです。

これらの証拠から
「ヘルニア全員有罪説」は
正しいとはいえないのです。

もちろんヘルニアが原因で
腰痛を起こしている人は
多数いますが
椎間板ヘルニアが
あるからといって
腰痛の原因とは直ちに
断定できないのです。

Amazonリンク先

腰痛メインページに戻る

a:93 t:1 y:0