腰痛診療ガイドライン


日本腰痛学会
日本整形外科学会が示す

腰痛診療ガイドラインの
一部をご紹介します。

P.21

エビデンスの評価

Grade A
①腰痛の発症には

Grade B
心理社会的因子が関与している

②腰痛に精神的要因
特にうつ状態が関与している。

以上引用


腰痛にはストレスが関与

ストレスが腰痛に関与
している事はネットで
簡単に確認出来ます。


過度なストレスは問題。


ストレスを管理する事が
腰痛対策には必要です。


最近では長引く痛みには
脳の関係が指摘されて
います。


この事もあり
当院では脳の誤作動に
アプロ―チする
施術をしています。



詳しくは↓
心身条件反射療法


腰痛メインページに戻る

a:134 t:1 y:0