令和2年1/25作成→令和3年12/11更新

アクティベータ


アクティベータとは

アクティベータ小

だれでも緊張を経験します。
その仕組みはなんらかの刺激、
ストレスが脳で発生し神経系を伝わり
筋肉が硬直するからです。

そんな時、誰かに肩や
背中をトントンされて
気分がほぐれた経験が
ないでしょうか?

硬直した命令をリセットするには
外部からの適度な刺激が必要な事は
なんとなく体験した事があるのでは?

それを検査にて場所を特定し
低刺激=振動を加えていくのが
アクティベータです。

刺激とはつまり振動です。
背骨には固有振動数があります。
その振動エネルギーが
あなたの不調を整えて行きます。

アクティベータ5つの特徴

[check]根本原因にアプローチ

[check]神経系の誤作動調整

[check]痛みの患部だけではなく
全体のバランス調整

 
[check]ボキボキしないソフトな施術

[check]年齢関係なく対応

だれでも本来、回復する力を
持っていますが、ストレス・疲労などで
脳からの命令に誤作動が発生する
事があります。

その誤差動から筋力の
バランスが悪くなり結果として
腰痛や膝痛や肩こり、首コリを
感じやすくなる可能性が出てきます。

アクティベータ
神経系の流れを整えます。
そして体、本来の力が
発揮しやすくなるように
サポートします。


動画で平野が解説

神経系の流れを整える
振動刺激について簡単に
説明しています


神経系の働き 二つ

神経の流れ

神経って何?と思う方も
いると思います。

ここでは素人の方でも
分かりやすく二つご紹介します。

自律神経の働き

神経系と聞くと自律神経を
思い浮かべる人が多いのでは
ないでしょうか?

自律神経は生命の
維持に大きく関わっています。

例えば
循環、呼吸、睡眠、
消化、内分泌、排泄などの
機能に関係しています。

・回復力の低下
・栄養の吸収低下
・新陳代謝に悪影響

などにつながる可能性が
出てきます。


体性神経

遠心性の(脳から手足へ)
運動神経=脳からの命令を筋肉に伝える

求心性の(手足から脳へ)
知覚神経=触った感覚や運動の感覚を脳に伝える

二つをまとめて体性神経といいます。

このコントロール系の
機能が低下すると
身体のバランスが悪くなり
運動能力の低下や体の不調に
つながる場合があります。


アクティベータの脚長検査


アクティベータでは
足の緊張を具合から結果としての
脚長差を見ています。

足の長さを指標しますが
端に長さを見ている
わけではありません。

足を上げる途中の
神経系の働きによる筋肉の
緊張を感じとり長さは
その結果です。

その結果から
神経系に誤作動がないか?
脳からの命令が体へ伝達
されているか?

体が受けた刺激が
脳に伝わっているか?
などを見ています。

痛みが残っていても
脳からの命令がきちんと
伝わっていれば、バランスは
整えっているので徐々に
緩和する可能性があります


低刺激でやさしい施術

アクティベータ
カイロプラクティックでも一番
ソフトな施術と言われてます。

こんなにソフトな施術で
大丈夫ですか?
と聞かれる時があります

なぜソフトなのか説明します。

アクティベータは神経系
にアプローチしています。

どういう事かと言うと

人間は体を動かす時、脳からの
電気信号を使っています。

しかし体を動かす時
電気信号を感じていません。

今、体に電気信号が
伝わったとは思いません。

それは何故か?

いちいち感じとっていたら
体を動かす際に邪魔になります。

アクティベータではその微弱な
電気信号に合わせて、必要な
振動数を加えます。

低刺激で体にやさしく元気に
なろうとする力を発揮しやすくします。

その役割は?

神経活動を正常に元気にする事です。
よって強い刺激である必要が
ないのです。

アクティベータの
振動刺激は神経活動を
正常にし筋肉への命令を
伝えやすくします

そのバランスが整う結果
痛み、しびれを軽減緩和して行きます


上級認定者

アクティベータはアメリカ発祥の
カイロプラクティックの一つです。

日本ではアメリカから認可を
受けたアクティベータネットワーク
ジャパンで定められた受講時間と
筆記と実技試験を受け合格した者に
認定書が発行されています。

通常の認定書の違いは
認定維持の為の年一回の講習が
義務付けられており大阪や東京に
セミナーを受け技術の維持向上が
行われています。

アクティベータベーシック認定書
アクティベータアドバンス認定書

・本場アメリカと同じ
 試験を受けた認定書です

・合格後も年1回以上の
 受講が義務化されており

・知識と技術の向上が
 必要な資格となります

・平野健はアクティベータ
 正式な上級認定者です。
 公式ページで確認が可能です。

 タップで確認
 アクティベータ


セミナー風景


50年以上継承される技術

ドクターファー

写真はアクティベータ
開発者ドクターファーです。

開発されてから約50年以上が
経過したアクティベーター療法は
継続して研究が行われています。

詳しい内容はHPでご覧頂けます。
アメリカのホームページ
https://https://www.activator.com/research//

日本のホームページ
http://www.activator.gr.jp/


海外のアクティベータ紹介動画

*申し訳ありません*

英語になりますが神経系の流れを
感覚的に知って頂けると思います。



関連情報

当院では心と体の関係性にも
不調が関係していると考えて
おりその調整にも取り組んでいます。

「心と体の調整」
心身条件反射療法

a:5881 t:1 y:3