令和3年6/10⇒令和4年3/1更新

坐骨神経痛やってはいけない事4つ

ここでは坐骨神経痛で
やっていけない事
4つをご提案します。



目次

①冷シップを使っている

湿布薬
まず冷やすとは、
炎症を抑え痛みを
軽減するのが目的です。

次に温めるとは
血流を良くして回復力を
高めるのが目的です。

二つの目的は違います

・冷やすとは、
 痛みを麻痺させます

・温めるとは、栄養と酸素を
 患部に届け回復を早めます

どちらを続け方が
体にいいと思いますか?

常に冷シップを使っている方は
痛みがある場所又体全体を
温める事をお勧めします

湿布について詳しく
知りたい方は↓
長引く痛みに湿布は有効か?


②安静のし過ぎ

画像の説明
痛いからと言って動かない方が
いいと思っていませんか?

なぜ安静のし過ぎは
良くないのでしょうか?

その理由は

理由1
痛みがあるから動けない

理由2
痛みがあれば動く必要が
ないなど潜在的に脳に
植付けています

理由付けが脳で
強化されより痛みを
感じる場合があります

よって坐骨神経痛の安静の
し過ぎには注意が必要です。

参考サイト↓
安静のし過ぎは要注意
労働者健康福祉機構
関東労災病院
勤労者筋骨格系
疾患研究センター長
先生 浩 松平


③ストレッチの頑張り過ぎ

ストレッチ
ストレッチをする事は
大変良い事です。

しかし痛みが強い時は、体に
優しいストレッチにしましょう。

ストレッチは色々な種類があり
ご自身がここち良いと思えるので
あればどれでもい良いと思いまが
注意点は以下になります。

👉勢いを付けない事
 太極拳ようなイメージ

👉筋肉を伸ばす時に
 ゆっくり息を吐く事
 ヨガのようなイメージ

👉心も体もリラックスする
 マインドフルネスのように
 呼吸や体の動きだけを意識する

ストレッチの提案についは
動画で紹介しています。
詳しくは↓
ハートカイロお勧めストレッチ


④痛む場所だけで見ている

痛みの各種
痛みは結果です。
長引く場合は全体のバランスを
整える事が必要です。

特にぶり返し予防には、心と体の
バランスが大切です。

痛みが誤作動記憶として
脳にこびり付かない
ようにやさしい刺激で
脳をリセットしましょう

リセット材料はあなたが
好きなやさしい刺激で大丈夫です。
 
 ・好きな場所
 ・好きな音楽
 ・好きな言葉
 ・好きな匂い
 ・好きな人

など思いあたる刺激が
あるはずです。

その刺激でも
変化しない場合は
あなたのエネルギーを
ブロックしてる何かが
あるかもしれません

以上坐骨神経痛で
やっては行けない事
4つをお伝えしました

誤作動記憶を知りたい方は
こちら↓
誤作動記憶


動画で解説


a:3678 t:1 y:2