開業理念:皆様と共に心身を整え、健康と笑顔あふれる 未来の創造

【福岡 薬院の整体院】腰痛 膝通 肩こり 頭痛 膝痛の辛い悩み解決解消!!| 心と体を整え健康と笑顔あふれる未来の創造(西鉄薬院駅より徒歩2分)

FrontPage

a:14193 t:9 y:45

薬院 膝痛 検索 第一
(平成28年 5月現在)


このような膝痛ではないですか?

福岡 薬院 整体 膝痛


[check]朝起きる時に膝が痛む


[check] 座った姿勢から

立ち上がる時に膝が痛む


[check] 階段の上り下りがツライ


[check] 歩いていると膝の内側が痛む


[check] 通勤や勤務中に膝が痛い


[check] 湿布でも改善しない


[check]ロキソン・リリカなど

痛み止めを飲んでも引かない


[check]ヒアルロン酸注射を

打っても効果が低い


[check] レントゲンやMRIで

軟骨がすり減っていると言われた


[check] 変形性膝関節症と診断された


[check]手術を勧められている



「60代 女性 病院 でも改善しない膝痛」

膝痛

「施術の感想」

膝の痛みがとれずネットで検索をして

ハートカイロプラクティック整体院を知りました

初日アクティベータで全身を見て頂きました

詳しく説明、言葉かけ頂き安心致しました

だいぶ痛みも軽くなりました


「治療院側の回答」

検索してのご来院ありがとうございます

膝の痛みは動くと痛いわけですから運動量が減り

膝の関節や周辺の筋肉も硬くなり悪循環に入ります

定期的にメンテナンスすると関節の炎症と筋肉の硬さが

緩和され水もたまりにくくなります

安心してご来院して下さい
(感想は個人によるものです)

福岡 薬院 整体 膝痛

「施術の感想」

昨年から膝に痛みを感じるようになりました

膝の内側に痛みがあり病院でも改善せず

こちらに来てみました


丁寧で分かりやすい説明で

安心して受ける事ができ

3回目頃から痛みもやわらぎ

自然に歩けるようになりました


「治療院側の回答」

整形外科の診断方法はご存知のとおり

レントゲンによる骨折や

MRIによる軟骨や半月板の異常又

炎症による痛みになります


痛みや炎症を抑える薬を飲んでも

効果がない場合、筋肉が硬い

筋膜疼痛症候群(MPS)の可能性があります



今回はMPSでしたのでアクティベータで

しっかり調整させて頂きました

繰り返し受けて頂くとかなり緩和する事が

分かっています


しばらくは大丈夫です

無理してぶり返した場合はいつもでご来院下さい

(感想は個人によるものです)


膝関節痛とは?

膝痛は動く動作全般に関わってきて

大変不快な思いと不便を伴う状態です

膝痛にはどんな原因があるのでしょうか?

膝痛の原因は大きく3つあると考えられます


①筋肉のこりや張り

膝痛の原因 筋肉の過緊張

過労や姿勢の悪さ又

ストレスからくる血行不良により

膝まわりの筋肉のこりや張りが

膝痛を発生します


外傷からの衝撃を

吸収した時にも膝痛は起こります


車の接触事故・スポーツの接触で

身体を守るため

筋肉が衝撃を吸収しようと

急に収縮するため過緊張が起こります


筋肉が緊張状態が長いと

筋肉が酸欠になり

痛みの発生物質ブラジキニンが

神経のC線維と結合し痛みを発生させます



②膝周辺の炎症

膝痛の原因 膝の炎症


炎症はスポーツなど外力による損傷

またオーバーユースによる損傷があります

損傷箇所は主に筋肉・靭帯・半月板です


『炎症』ついて

炎症は痛みを感じる悪い

イメージが先行しがちです


しかし本来は

悪い箇所を菌から守る

免疫機能や

より早く回復させる為に

血液を多く流します


痛みも身体を保護する為の

防衛本能です


そして痛み止めの効果が低い時は

次のケースが考えられます



③脳の誤作動

膝痛の原因 脳の誤作動


最近、慢性的な症状は

脳の「DLPFC」が関係している事が

分かっています

(カナダの研究チームが発表し証明)


痛みは神経を通して

脳に伝えられます

慢性的な場合では

患部は治っているのに

神経の興奮が収まらず

痛みを発生させます


本来であればDLPFCが

痛みを制御して不要な興奮を

沈静させます


しかし長期化するとDLPFCが衰退し

誤った痛みを感じ続ける事になります


つまり痛みの長期化が

脳のDLPFCが衰弱させ

膝痛の慢性症状をさらに

伸ばしている可能性があります


慢性的な痛みの原因DLPFCの衰弱
(NHKスペシャルで放映↑クリックで拡大)
詳しい内容は膝痛情報に貼付しています


↓「膝痛を詳しく知りたい方はクリック」↓
膝痛情報

全ての慢性的な膝痛が

脳が問題だと断定はできませんが

慢性症状の原因の一つだと

認め受け入れる必要があります



痛み止めを飲んでいる方へ


痛みは誰しも嫌なものです

そこで病院で使用されるのが

ロキソニンなどの

非ステロイド性

消炎鎮痛剤です
(NSAIDs)


[check]「ロキソニン新情報」

2016年3月22日

厚生労働省は解熱鎮痛薬

「ロキソプロフェン

ナトリウム水和物」の

使用上の注意を追加

「重大な副作用」の項目に

「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記する

改訂指示を出したと発表しています


痛み止めを飲んだ時

腸の不快感を覚えた事の

ある方は多いと思います

わたしもその1人です


薬の副作用は体質もあり

様々な意見があると思いますが


膝痛は痛みの軽減に合わせ

医師と相談の上、減らす方が

良いと思います


無意味な薬物依存は

体調不良の元です



病院の治療方法は?

レントゲン


レントゲン

整形外科の治療の基準は

「目に見える異常」です


まずは問診をしてから

レントゲンを撮ります


又必要に応じてCTを撮ります

そこでなにか構造上の

異常が見つかれば

それが痛みの原因となります

代表的なもので言えば・・・


  • [check]骨が変形している
  • [check]O脚がひどい


レントゲン膝通検査




骨以外の検査はMRIを使います


MRI膝通検査
MRIでは軟部組織の状態が分かります
(弱点は筋肉の硬さは分かりません)


  • [check]半月板がすり減っている
  • [check]軟骨がすり減っている
  • [check]膝に水が溜まっている


整形外科ではこれらの検査で

「変形性膝関節症」

診断される事もあるでしょう


治療方法としては


  • [check]ロキソニン・リリカなどの痛み止め
  • [check]ヒアルロン酸注射
  • [check]膝から水を抜いたりします
  • [check]湿布をもらう

*2014年の米国整形学会では
ヒアルロン酸注射の有効性を否定しています


しかし痛みが引かない事も多く

長引く治療で自分の健康に

不安を覚え、どうしたらよいか

悩んでいるのではないでしょうか?





変形性膝関節症の方は必読です


(福岡 薬院 整体 膝痛 )

東京大学医学部の研究によれば

日本のレントゲン検査では


膝の変形があり

「変形性膝関節症」と

診断される方は

推定2400万人だそうです


膝痛情報

しかし、変形があるから必ず

痛みが出るかというと

そうでもありません


痛みがある変形性膝関節症は

推定820万人です

レントゲン上で変形がある人は

2400万人です


変形があっても痛みがない人が

3分の2いるということになります


つまり病院へ行ってレントゲンを撮り

「骨が変形しているから痛いんです」

っと診断を受けたとしても


実際は膝の痛みでない場合があります

[check]では他の可能性はなんでしょうか??





膝痛の慢性化の原因

膝痛が慢性化するのは

その痛みから習慣が変わる

事が原因です

ではどんな習慣が慢性化に

つながるか例を上げてます


福岡 薬院 整体 膝痛


[check]膝が痛いので歩く事が減った

[check]退職などで体力が低下した

[check]膝が痛いので運動量がへり筋力が低下した

[check]動かない時と動く時の差が激しい

[check]長期に痛みを経験し歩くのに恐怖心がある

[check]自律神経失調症で血行が悪く冷え性


つまり膝痛から運動量が減り

さらに膝痛が慢性化するというもの

運動量が減ると

良くない事が二つあります


[check]体重増加による膝への負担増加

[check]筋力低下による凝りの発生

[check]膝関節の組織が癒着して固まっていく
(油の無いチェーン)


これらが続くと

脳への痛みの記憶が強化されます


主な記憶は二つ

[check]動けない事でストレスの増加

[check]長引く痛みへの恐怖心


こうなると慢性症状のスタートです

心身共に膝痛に過剰に

反応し痛みの刷り込みを

脳に行います


痛みの刷り込みを解除するには


脳につながる神経系のリセットが必要です

根本から体内の流れを改善し

脳プラス筋肉もリセットし緩和して行きます


[check]それではその筋肉を
説明します



膝痛を起こす筋肉


膝痛を招く代表的な筋肉が

太ももの前面の筋肉です

膝痛(大腿直筋)

大腿直筋は膝を動かす上で

大変重要な筋肉です


なぜなら大腿直筋は

周辺の筋肉と違い


股関節を曲げ足を上げる働きと

膝関節を伸ばす二つの働きをする

2関節筋だからです


機能が高いゆえ、この筋肉に

こりや張りがあると

膝の運動機能が低下


体重を上手に支えられず

その摩擦から炎症が生じ

痛みが発生します


又通常の肩こりや

腰痛と同じように

膝周辺の筋肉の凝りが

痛みとなっています


対策として


膝周辺の筋肉の

硬い凝り・張りをとって

あげると膝関節の

負担がな減り炎症も

徐々に引いていきます


当然水もたまりにくくなります

膝の診断チャート


さらに内側の筋肉が

硬くなっている事が多いです

変形性膝関節症の

原因の一つとして

内側の筋肉が硬くなっている

可能性があります

(内側広筋・縫工筋・薄筋が関与)


また膝の裏側の筋肉が

硬くなっている方も多いです

(大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋が関与)


ではこれらの硬くなった筋肉を


どうやってやわらかくし

膝痛をやわらげて

回復させるか説明します


当院ではアクティベータを使います


アクティベータとは

50年前にアメリカで生まれた

カイロプラクティックの

手技の一つです


通常、人は脳からの

指令を神経を通して

体(筋肉や内臓)を正常に

動かしています


膝痛から開放


その神経の流れが悪いと

脳からの命令が

伝達されにくく

体の機能が低下します


膝痛の治療がなかなか

進まず慢性化している時は

神経系の働きが

鈍くなっている可能性があります


具体的には

筋肉が硬いままになり

膝関節を圧迫します

関節内部の圧力が上がる事から

摩擦による炎症が発生

痛みが起こります

そして慢性的な状態では

膝に水がたまったりします


さらに膝周辺の筋肉

大腿四頭筋での硬結が
*簡単に言うと硬いかたまりです*

痛みを膝に飛ばす

関連痛になります

これをMPSといいます
(筋筋膜性疼痛症候群)


このように膝痛では

[check]膝関節の炎症

[check]膝周辺の筋肉のこり
(MPS筋筋膜性疼痛症候群)

それが膝痛の

2第・要因と考えられます


アクティベータでは

人間の体全体をコントロールする

神経の流れを整える事で

炎症をやわらげていきます


又硬くなった

筋肉のこりをゆるめて

本来の働きを

発揮しやすくします


そして膝痛を緩和し

解決していきます



  

アクティベータ療法は、こんな方にお勧めです


[check]膝の痛みで困っている


[check]慢性的な症状で困っている


[check]根本的な原因にアプローチしたい


[check]整形外科や整骨院だけでは改善しない


[check]長年の悩みを解消したい


[check]膝痛だけでなく全体的に調整したい


[check]膝痛の原因は年齢と共に

膝以外にもあると感じている


福岡 薬院 変形性膝関節症


当院は膝痛は結果であって

膝以外にも背骨・骨盤・足首を

総合的に整える事で安定した

エネルギー溢れる体調に整えていきます


これを膝だけの問題と見てしまうと

対処療法になり、その場しのぎで悪化を

進行させます


トータル的に

調整する事で

体内の自然治癒力を

発揮しやすくします


これは食事の取り方も

バランスを考えるように

組み合わせが

大切という意味です



当院に通院する事のメリット


[check]硬い筋肉がゆるみ膝痛が緩和されます


[check]以前の快適な生活に近づきます


[check]好きだった趣味に打ち込めます


テニスも楽しく


[check]外出が楽しくなります


[check]運動するぶん食事が美味しくなります


[check]運動するぶん体重が管理しやすくなります


画像の説明




[check]自分らしい生活を取り戻せます




福岡 薬院 整体 膝痛

膝痛でお悩みの方は

お気軽にご相談下さい


↓「膝痛を詳しく知りたい方はクリック」↓
膝痛情報
↓「膝痛で水がたまる原因」↓
膝に水がたまる

膝痛 変形性膝関節症
参考図書
石川県の整形外科医の加茂 淳先生の本です

西鉄薬院駅から徒歩2分

福岡市中央区薬院1-5-25第2青柳マンション521号室

ハートカイロプラクティック整体院


福岡薬院で一番・心温まる整体院


 薬院駅から徒歩2分 

2回タッチで電話が掛けれます

092-741-3434


薬院で一番心温まる整体院

ハートカイロ営業時間


「メールの予約は24時間受付てます」

[check]hirano8423@gmail.com


福岡市 薬院 整体
あなたのお悩みを解決解消します
お気軽にご相談下さい

お名前 *
メールアドレス *
内容・希望日程・時間 *




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional