主な膝のスポーツ障害

外側側副靭帯損傷

柔道で転倒した時やラグビー
サッカーでのタックルなど
膝の内側から強い衝撃を受けた時に
起こります。

外側に痛みとぐらつきが出ます

内側側副靭帯損傷

ラグビーのタックルなどで
膝の外側から強い衝撃を
受けたりした時に発生。

内側に痛みとぐらつきが出ます

前十字靭帯損傷

バスケットボールやバレーボールなどで
急停止・方向転換の際に
膝をねじったり膝下の後ろから
強い衝撃を受けた時に発生。

膝が強く痛み膝下が前方にぐらつきます。

後十字靭帯損傷

ラグビー・柔道などでの
転倒時に膝を激しく地面についたり
ラグビー・サッカーでタックルなど
膝下の前から強い衝撃を受けた時に発生

膝が強く痛み膝下が後方にぐらつきます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

成長期を終えたジャンプを多く行なう
スポーツ選手にみられます。

ジャンプの繰返しにより膝に負担が
かかり膝蓋靭帯や大腿四頭筋を
痛めます。

オスグッドシュラッター病

スポーツをする成長期の男子に
多くみられます。

膝蓋靭帯と脛骨のつながっている
部分がはがれた炎症を起こします。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

腸脛靭帯と大腿骨の外側がこすれる事で
炎症を起こします。

膝の外側に緊張・違和感を感じ徐々に
痛みが出ます。

痛みは走っている時に出やすく
休養すれば収まりますが走りを
再開すると再び痛み出します。

膝蓋軟骨軟化症とは?

膝蓋軟骨軟化症の症状
階段の登り降り、正座からの立ち
上がりスポーツなど膝を使う
運動をした時に膝蓋骨(ひざの皿)
周辺に痛みを感じる。

膝を動かした時にゴリゴリと音が
することもある膝の内側外側を
触るとでこぼこしている。

ひざの皿を押した時に痛みがある
ひざの皿の違和感・不安定感を感じる
皿が引っかかるような感じがしたり膝を
伸ばす時にきしむような感覚がある。

膝蓋軟骨軟化症の原因
膝蓋骨(ひざの皿)の裏側の軟骨が
大腿骨(太ももの骨)と何度も
こすれ合うとその摩擦によって
軟骨がすり減って炎症を起こします。

炎症によって軟骨が軟らかくなったり
ふくらんだり亀裂が入ったりするなどの
変形を生じるものが膝蓋軟骨軟化症です。

「原因」

膝の使いすぎ外傷や足や膝蓋骨の形の
異常歩き方など

膝の外傷

スポーツ障害

a:1861 t:1 y:0