ロコモティブ
シンドローム

QOL(生活の質)を
低下させる膝痛の
進行を止める事は
高齢化社会を
支える上で重要な
課題です

膝痛に限らず
高齢化社会の
問題意識を
高める言葉が
こちらです

ロコモティブ
シンドローム
(運動器症候群)です

骨、関節、筋肉などの
運動器の働きが衰えると
くらしの中の自立度が
低下します

結果介護が
必要になったり
寝たきりになる
可能性が高くなります

運動器の障害のために
要介護なる又は
要介護になる危険の
高い状態が
ロコモティブ
シンドローム
です

「運動器とは?」
運動器とは
身体運動に
関わる
・骨
・筋肉
・関節
・神経
などの総称です

運動器はそれぞれが
連携して働いており
それかひとつが
悪くても身体はうまく
動きません

また、複数の
運動器が同時に
障害を受けることも
あります

一つ又複数の障害から
要介護又要介護が
必要となる危険度が
高い状態それが

「ロコモシンドローム」です

主な膝のスポーツ障害

外側側副靭帯損傷

柔道で転倒した時や
ラグビーサッカーでの
タックルなど
膝の内側から強い衝撃を
受けた時に起こります
外側に痛みと
ぐらつきが出ます

内側側副靭帯損傷

ラグビーのタックルなどで
膝の外側から強い
衝撃を受けたりした時に
発生内側に
痛みとぐらつきが出ます

前十字靭帯損傷

バスケットボールや
バレーボールなどで
急停止・方向転換の際に
膝をねじったり
膝下の後ろから強い衝撃を
受けた時に発生膝が強く痛み
膝下が前方にぐらつきます

後十字靭帯損傷

ラグビー・柔道などでの
転倒時に膝を激しく
地面についたり
ラグビー・サッカーで
タックルなど膝下の前から
強い衝撃を受けた時に
発生膝が強く痛み膝下が
後方にぐらつきます

ジャンパー膝
(膝蓋靭帯炎)

成長期を終えた
ジャンプを多く行なう
スポーツ選手にみられます
ジャンプの繰返しにより
膝に負担がかかり
膝蓋靭帯や大腿四頭筋を
痛めます

オスグッド
シュラッター病

スポーツをする
成長期の男子に
多くみられます

膝蓋靭帯と
脛骨のつながっている
部分がはがれた
炎症を起こします

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

腸脛靭帯と大腿骨の
外側がこすれる事で
炎症を起こします

膝の外側に緊張・違和感を
感じ徐々に痛みが出ます

痛みは走っている時に
出やすく休養すれば
収まりますが走りを
再開すると再び痛み出します

膝蓋軟骨軟化症とは?

膝蓋軟骨軟化症の症状
階段の登り降り、正座から
の立ち上がりスポーツなど
膝を使う運動をした時に
膝蓋骨(ひざの皿)周辺に
痛みを感じる

膝を動かした時に
ゴリゴリと音がすることも
ある膝の内側外側を触ると
でこぼこしている

ひざの皿を押した時に
痛みがあるひざの皿の
違和感・不安定感を感じる
皿が引っかかるような
感じがしたり膝を
伸ばす時にきしむような
感覚がある

膝蓋軟骨軟化症の原因
膝蓋骨(ひざの皿)の
裏側の軟骨が大腿骨
(太ももの骨)と
何度もこすれ合うと
その摩擦によって
軟骨がすり減って
炎症を起こします

炎症によって軟骨が
軟らかくなったり
ふくらんだり亀裂が
入ったりするなどの
変形を生じるものが
膝蓋軟骨軟化症です

「原因」

膝の使いすぎ外傷や
足や膝蓋骨の形の異常
歩き方など

膝の外傷

スポーツ障害

地図

a:1208 t:2 y:1