膝痛が長引く理由

膝痛の慢性化とは?

何故膝の痛みが
長引くのでしょうか?

その理由は
痛みの悪循環が
考えられます

痛みの悪循環とは?

長期化した膝痛では
痛みがある為、歩く
運動量が低下します
この習慣が以下の
結果をもたらします

体重を支える筋力が低下
膝周辺の筋肉がこりやすく
痛みにつながります

さらに進行すると
運動量の低下で
体重増加

「結果」
膝関節の負担が増え
痛みがさらに長引く
事につながります

「膝痛の悪循環」

膝の痛みがきっかけで
  ↓
歩かなくなり
  ↓
筋力の低下
  ↓
体重の増加
  ↓
筋肉と関節の負担
  ↓
痛みの悪循環
  ↓
 「結果」
膝痛の慢性化

脳が痛みに過敏になる

関節や筋肉の問題で痛みを
感じる時、人間は脳で
痛みを感じています

脳が痛みが認識して危険を
知らしているのですが

その脳が慢性痛の場合は
過剰に反応する事が
分っています

膝痛でも長期に痛みを
経験すると歩く時に
歩く前から痛みに
構えるようになり
過敏になる場合があります

防衛本能として脳に
備わっている
機能が過剰に働く為に
痛みを必要以上に
強くしているのです

「繰返す痛みの記憶」
   ↓
・長引く痛みへの恐怖心
   ↓
・動けない事でストレス
   ↓
脳の痛みの記憶が強化
過剰に痛みのスイッチが
入りやすくなる
   ↓
「膝痛の慢性化」

a:500 t:1 y:2