PCを買替え移行作業で肩甲骨、右下の痛み

背中下の痛み

症例報告

肩甲骨、右下の痛み

原因
最近パソコンを買替え
慣れないデーター移行処理

具体的な内容

期間1週間
各ソフトの入れ直しと設定

マイクロソフト
エクセル、ワード類が
固定PCの使用可だった為
サブスク契約に変更

グーグルワンの契約を
200GBを100GBに
グレードダウンに変更
1年後に解約設定

一台目を正面に置き
二台目を左に配置
両方を操作し移行を行う。

その際に
上半身を左に回旋しながら
長時間Pcを使用した為に
右の背中の筋肉を無理に
伸ばした事が原因と
考えられる。

上半身の回旋では
肩甲骨の下にテンションが掛かる
(雑巾絞りで水が落ちる位置)

出来るだけ
早くデーター移送
終了したい
そんな気持ちもあったらしい。

そのせいか
過剰な集中で
身体への負担が増加

結果
就寝時と起床時に
肩甲骨右下の痛みが発生。

起床時の朝30分は動くのがやっと

・打撲は無し
・皮膚の異常無し
・黄疸や発熱無し
・食欲低下は無し
 このことから

以下を施術のポイントとする。

①長時間の同じ姿勢による
筋肉のコリ
トリガーポイント(筋硬結)
アクティベータによる
圧迫振動療法

➁筋肉に脳の命令を伝える
 神経系の流れをスムーズにする調整
 神経と近い振動数を加える事で
 神経系の働きを元気にする
 (アクティベータを使用)

➂緊張という脳の誤作動を緩和
心身条件反射療法を使い
メンタル面をサポート

やり遂げようする
過剰な集中は
仕事としての義務が
関係していた。

つながりにくいように調整

3回目で変化を感じる
ようになり5回目からは
メンテンス調整を実施

a:209 t:1 y:0

コメント


認証コード2580

コメントは管理者の承認後に表示されます。