ブリーフセラピー

ブリーフセラピーを
使う時があります。

たとえば
痛み過敏があるとします。
毎日困っている。

しかしよくよく
考えるとばらつきが
あり毎日痛みがある
わけではない。

良い点に気づきを
促していきます。

ただ痛みを訴えたい
聞いてほしいという
心理が働く場合もあり

必要に応じて
ブリーフセラピーを
要素を取り入れています。

コメント


認証コード9496

コメントは管理者の承認後に表示されます。