タバコ依存を軽減緩和

タバコは100害あって
1利なしと言います。

理由は
循環器疾患
呼吸器疾患
がんなどの関係性が
あるからです。

健康日本21を参考すると
喫煙は
「循環器疾患」
高血圧、動脈瘤
脳卒中、心筋梗塞、心不全

「呼吸器疾患」
COPD
(慢性閉塞性肺疾患)
気管支炎
喘息

「がん」
口腔、鼻腔
副鼻腔、咽頭
喉頭、肺、食道
胃、大腸、すい臓
肝臓、腎臓、肝臓
尿路、膀胱、子宮頸部
卵巣、急性骨髄性白血病

「歯周病」

などの要因として
考えられています。


健康に悪いと分かっているが
タバコをやめられない方も
います。

それはなぜか?

依存症の一つだからです。
タバコを吸う事で
脳内のドパミンが放出されて
快楽を感じます。

やめらないのは
脳が快楽を記憶し
理性を上回って
いる為です。

当院では
脳の誤作動を調整し
依存性を徐々に軽減する
サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

コメント


認証コード0251

コメントは管理者の承認後に表示されます。