坐骨神経痛で股関節の痛み

画像の説明

あなたは坐骨神経痛で
股関節に痛みや違和感があると
思っていませんか?


坐骨神経痛は
・腰痛
・お尻の痛み
・太ももの痛み
3つの痛みを指す事が
多いです。

お尻の事は臀部ともいいます。
股関節後ろと臀部は非常に近く
一般の方には区別がつきにくいです。

ですから、お尻(臀部)の痛みと
股関節の痛みは重なり
坐骨神経痛で股関節にも
痛みがあるという感覚に
なる事があります。

あななたも同じような
お悩みがあれば参考にして下さい。

大殿筋①

症例報告

本日は坐骨神経痛で
お悩みの方に来て頂きました。

腰痛と太ももからふくらはぎに
痛みがあるのですが、特に股関節に
痛みがあり気になる状態です。

全体のバランス(神経系)を
整えた後で股関節を細かく
チェックします。

股関節や臀部に痛みがある場合
原因としてよく言われるのが
梨状筋です。

坐骨神経痛 梨状筋

この筋肉が硬くなると痛みやしびれに
つながる事があります。

もちろん当院でもその梨状筋に
アプローチします。

ただ経験的に梨状筋だけの
アプローチでは再発したり
その場だけになってしまう
ケースがあります。

そこでアクティベータでは
梨状筋を操作している
神経にもアプローチ
していきます

具体的には梨状筋を操作している
仙骨から伸びるS1~2の神経の流れです。

お尻の中心仙骨
(仙骨は骨盤の中心の骨です)
(逆三角形の形をしています)

神経系はいわいる脳からの
命令を伝える電線のようなものです。

神経系の流れを調整する事で
脳からの筋肉をゆるまれという
命令が届きやすくなります。

このように梨状筋だけでなく
仙骨を矯正する事で股関節の
痛みを軽減緩和にしやすくします。

股関節痛の
詳しい情報提供はこちら
坐骨神経痛と股関節痛

a:585 t:3 y:0