HPトップページ

冬のぎっくり腰

あなたは寒い冬
ぎっくり腰になって
お困りではありませんか?

気温が下がると
体がついて行かず
ぎっくり腰になる
場合があります。

冬の寒さから体が
体温を逃がさないように
力が入るようになります。

過剰な緊張が筋肉を
硬くして痛みが出ます。

疲労やストレスなども
気温の低下で
蓄積しやすく
ぎっくり腰になりやすく
なります。

当施設では
ぎっくり腰の原因は
大きく3つあると
考えています。


要因①寒さで体が
ガチガチに固まった

・疲労の蓄積
・全身の血行不良
・寒い事で姿勢不良
・睡眠不足

一つが原因というより
合わさってぎっくり腰に


要因②
神経系の伝達機能の低下

神経は脳から命令を伝える
電線のようなものです。

そして
神経も細胞の一つ。
当然、血液から栄養と酸素の
供給を受けて活動しています。

寒さによって
血行不良が起こると
神経細胞への
エネルギー補給が
不足します。

その結果
体が硬直する
筋肉が固まる
などの危機的状態から
痛みが発生する
可能性があります。

ではどうしたら良いか?

まずはしっかり温め
血行を良くして栄養と酸素を
全身に届ける事をお勧め
しています。

ただし痛みが
温める事で痛みが強くなる場合は
中止して下さい。

温めても緩和しない方は
神経系の伝達機能を調整する
アクティベータをお勧めします。

↓詳しくはこちら↓
アクティベータ詳しくクリック


要因③ストレスによるぎっくり

ぎっくり腰ストレス

ぎっくり腰の
原因と言われる
ストレスですが
ストレスで問題なのが
自分で気づいていないストレス。

その一つが
「ワーカーホリック」です。

仕事中毒と言われています。
人間だれしも仕事に集中する
時期、どうしても
忙しい時期があります

しかし、自分の疲労感に
鈍感になる時があります。

へとへとになるまで
心身共に疲弊し気づいた頃には
ぎっくり腰になったケースも
あります。

当院では無意識のストレス
検出してぎっくり腰の
軽減緩和を行っています。

詳しくは↓
心身条件反射療法


参考文献

腰痛Q&A

心理的ストレスが
加わると腰への負担が
高まるという研究が結果あります。

「新しい腰痛対策21Q&A」

医学博士:松平 浩著 

当施設ではストレス面の検査と
調整も行っています。

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法


a:523 t:1 y:1