冬のぎっくり腰

短期的な回復ではなく
長期的な健康を
目標とした整体院です

冬のぎっくり腰

あなたは寒い冬
ぎっくり腰になって
お困りではありませんか?

気温が下がると体が
ついて行かずぎっくり腰に
なる場合があります

寒さ

気温の低下

冬の寒さから体が体温を
逃がさないように力が
入るようになります

過剰な緊張が筋肉を
硬くして痛が出ます

疲労やストレスなども
気温の低下で蓄積しやすく
ぎっくり腰になりやすく
なります


ハートカイロでは
ぎっくり腰の原因は
大きく3つあると
考えています

要因①寒さで
体がガチガチに固まった

筋肉の硬さが痛みしびれに

要因①
気温が下がり筋肉が固まった


・疲労の蓄積
・全身の血行不良
・寒い事で姿勢不良
・睡眠不足

一つが原因というより
合わさってぎっくり腰に

要因②
神経系の伝達不良

神経の伝達不良

要因②
神経系の流れに元気がない

神経は脳から命令を伝える
電線のようなものです


そして神経も細胞一つです
当然、血液から
栄養と酸素の供給を受けて
筋肉に命令を届けています


寒さによって血行不良が
起こると神経細胞への
供給が不足します

そこに過労やストレスが
重なると筋肉が
固まったままで
緩む事が出来ずに
痛みにつながる場合が
あります


つまり神経系に元気が
無いので命令が筋肉に
届きにくい状態です
すると筋肉が硬いままで
痛みが発生するという
流れです

これらの神経と筋肉の
不調にカイロプクティックの
アクティベータを使って
神経系のバランスを整えて
行きます

↓詳しくはこちら↓

アクティベータ詳しくクリック

要因③ストレスに
よるぎっくり

ストレス犬

特にハートカイロでは
ストレスによるぎっくり腰に
注目しております

疲労の蓄積もストレスが
高いのと低くいのとでは
感じ方が違います


楽しい時間と
楽しくない時間が
同じ1分でも長くも
短くも感じるのと同じです


そしてストレスは
感じやすい人と感じ
にくい人もいますが

もっとも難しいのは
マジメでまっすぐな方ほど
自分のストレスに
鈍い傾向があります


ワーカーホリック ぎっくり腰

ワーカーホリックも
その一つです

仕事に依存してしまい
へとへとになるまで
心身共に疲れさせて
気づいた頃にぎっくり腰に
なったいたとういう事が
あります


例えば定年退職をして
新しい職場で早朝から
仕事をする方が
いたとします

ある朝、突然ぎっくり腰に
なったという話は複数あり
何十年と働いた環境が
変わって新しい職場での
ストレスが関与している
可能性があります

ストレスと
腰痛はつながる

心理的ストレスが加わると
腰への負担が高まるという
研究結果あります

腰痛参考図書

「新しい腰痛対策21Q&A」

医学博士:松平 浩著 


ハートカイロは
ストレス面の検査と
調整も行っています

↓詳細はこちら↓

腰痛とストレスの関係?

ストレスに対応した
施術はこちら
↓タッチして下さい↓

心身条件反射療法小


冬ぎっくり
良くない習慣とは?

何故冬のぎっくり腰に?


・冷え性で体の末端が
 いつも冷えている

・ビールなどお酒を
 ほぼ毎晩飲んでいる

・入浴をせず風呂上りも
 寒い

・貧血気味で朝が弱い

・外食が多くビタミンCや
 鉄分が不足している

・生真面目で完璧主義で
 毎日疲れている
 


一緒に目指すゴール

みんなの笑顔

・ぎっくり腰の痛みの緩和 
・仕事への復帰
・家事を快適に

・生活習慣の見直し
・バランスの摂れた食生活
・ストレス予防
・適度な運動やストレッチ

セルフメンテナンスを
習慣化してぶり返しを防ぐ

そして人間ですから
体調に波が出てきます
そのような時は

また施術をさせて頂き
本来の力が発揮しやすい
体調に整えて行きます

本当の回復とは?

画像の説明

皆さん本当の回復とは
なんでしょうか?
病院の治療が終わったから
回復でしょうか?
整体院で軽減したから
回復でしょうか?

腰の痛みが収まれば
ぶり返す心配は
ないでしょうか?

風邪で熱が下がったから
もう風邪は引かないと
言わないように

ぎっくり腰も繰返し
慢性化する方もいます

つまり真の回復とは
再発しない予防が重要です

予防が健康維持の
本質ではないでしょうか?

私もぎっくり腰を
数回繰返しましたが

本人の時間や経済的な負担
家族や仕事関係者の負担が
あります

病気になると改めて
人間は協力関係のもと
成り立っている事が
分かります

ですから健康を維持できる
生活習慣を変更する必要が
あります

個々が
ぎっくり腰になった
背景にも注目して
その方にあったケア
プランを立て本質的な
健康つまり予防を含めて
バックupさせて頂きます

一緒に頑張ってみませんか?
お待ちしております。

ぎっくり腰Q&A

シンプルに解答します

最初1日~2日は
状態をみますが

出来るだけ普段の
生活を無理しない
程度に送って下さい

いつまでも安静に
するとその後経過が
良くない事が
分かっています

世界の腰痛ガイドライン
でも3日以上の安静は
良くないとされています

日本の腰痛ガイドライン
では牽引による
エビデンスは低いと
あります

よって機械での
牽引はお勧めしていません

しかし人が軽く
牽引して揺らすような
低刺激で心地よければ
行ってもいいと思います

患部が熱感や痛みが
強い場合は最初
冷やしてもいいですが

少し引いたら温めて
栄養と酸素を筋肉に
送って下さい

冷やし過ぎに
注意して下さい

筋肉が硬くなり
シビレが起きる事が
ありますが

念の為に整形外科での
検査が無難です

もし排尿・排便障害が
あれば早急に医師の
検査をお勧めします

ハートカイロでは
医療機関との連携が
社会的貢献に
つながると考えています

温湿布・冷湿布
どちらでも張った時に
気持ちが良ければ
どちらを貼って
頂いてもいいと思います

ただし炎症鎮痛剤は
血流を遅するので
回復を遅らせる
可能性があります

1日張って
効果を感じなければ
カイロなどで温める
シャワ―をいつもより
長く1分~2分集中的に
温めて栄養と酸素を
患部に届けてあげて下さい

補足

どちらでもいいと言うのは
人間はプラセボという
自分で治る力を
持っています
シップが気休めと
思っている人は
温めた方がいいですが

私は効くと
思っている人は
毎日はるような
依存をしなければ
プラセボを発揮させる
スイッチとして
活用してもいいと
思います

それはリラックスする
音楽を聴くのと同じです

依存にだけご注意下さい

ぎっくり関連ページ

画面をタッチ
ぎっくり腰の緩和期間

何故ぎっくり腰に

営業時間・電話番号

営業時間2019年0410

ハートカイロ整体院 薬院駅徒歩2分

電話番号小

薬院 整体 ハートカイロ

地図

ハートカイロ整体に
口コミして頂くと
500円値引きさせて頂きます
グーグル口コミ


地図動画

LINE予約24時間OK

タッチでLINEに飛びます
LINE表示

他SNSも投稿しています
インスタグタムフェイスブックツイッター