顎関節症 マースピースでは変化しない時

顎関節症とは

今回は顎関節症で
ご来院して頂きました
あごの筋肉がこわばって
開閉がしにくくお悩みです

詳しく伺うと
ストレスであごに
力が入っている事
さらに耳鳴りがする
時があります

この場合で該当する筋肉は

・外側翼突筋

・内側翼突筋

・交筋です

検査をすると
交筋が硬くなっており
症状の原因である
可能性があります

アクティベータでは
顎関節症で硬くなった
筋肉をゆるめるのが
得意な施術方法です

あごが痛いと
歯医者に行くと
虫歯でなくマウスピースを
しても変化しにくい
ケースがあります

その場合は是非筋肉の硬縮からくる
場合を視野に入れて下さい

詳しくは↓
福岡 顎関節症

顎関節症、交筋
a:1178 t:1 y:0

コメント


認証コード1619

コメントは管理者の承認後に表示されます。