肘の痛み

肘は食事をしたり顔を
洗ったりボタンをはめたり
する時にはかなり深く曲げる
必要があります。

手のひらを返したり
うつむけたりする
複雑な関節です。

この為、肘に障害があると
日常生活がかなり不便になります。

肘の関節炎は多くはありませんが
使い過ぎで生じる事があります。

肘の痛みにはどんな事があるか
いくつかご紹介します。


変形性肘関節症

肘関節の骨折や脱臼などの外傷
肘の過度な使用などにより
肘関節の軟骨や骨が変形した状態です。

・肘が伸びない
・曲らない
・時に顔を洗えない


リウマチ性肘関節炎

関節リウマチにより肘関節の変形と
破壊をきたし、痛みや脱力、
可動域制限があり

手術をすると痛みは和らぐが
固定すると不便になり人工肘関節の成果は
まりよくないと言われています。


肘内障
(ちゅうないしょう)

2~6歳の小時の手を
引っ張ったりしたとき
痛みで手があげにくい状態


上腕骨外側上顆炎

いわいるテニス肘(バックハンド)

30~50代の人に多く
手首を使う動作やタオルを
絞るときなどに、

手首や指の伸筋腱が
上腕骨に付着する
肘の外側の膨らみの部分に
痛みが走ります。

手首や肩の方に痛みが
放散する事もあります。

人間は手や足を曲げる力
より伸ばす力の方が弱い為
負担がかかりやすいと
言われています。

例えば

・中年からテニスを始めた人
・手首を良く使う仕事をする人
・主婦の方が多く

原因として
筋肉・腱・そして腱の骨への
付着部の慢性炎症と
言われています。


頸椎性の神経痛

肘の外側を動かさなくても痛みを感じる時は
頸椎由来の神経痛の可能性があります。

多くは筋肉や腱の炎症などの
上腕骨外上顆炎が多いが
神経痛もしばしばあると言われています。


上腕骨内側上顆炎

・野球肘の内側型
・フォアハンドテニス肘
・ゴルフ肘

最近のグーグルサジェストを見ると
スマホやパソコンでも
上腕骨内側上顆炎スマホ
上腕骨内側上顆炎パソコンと出ており
要因非常に注目されている事が分かります。

参考文献

出版社 総元社
著者 井尻慎一郎
「痛いところから分かる骨・関節・神経の逆引き診断事典」