これらのキーワードがハイライトされています:痛み

「慢性痛の原因は完璧主義?」

完璧主義と痛みの関係

長引く痛み
慢性痛の要因の一つに
完璧主義というのがあります。

臨床においてその要因4つを
お伝えします。

①完璧主義がもとで
緊張状態が続くと血行不良から
筋肉が固まりやすくなる

➁心が休まる時がなく
ストレスが蓄積しやすい事から
精神的に痛みに過敏になる。

③さらに睡眠不足から回復力が
低下し結果悪循環につながる。

➃完璧主義が当たり前になっており
無意識的に体を酷使している。

などが考えられます。
あくまで完璧主義は要因の一つ
で絶対ではありません。

しかし体に不調があり
長引いている時、完璧主義との
関係性を客観的に眺めてみましょう。

何が原因かな~?っと
自己サーチする、その時の
キーワードが完璧主義です。

「例」
・自分に向けた完璧主義
 高い理想
 あるべき自分
 なるべき自分
 期待に答えるべき自分

・相手に向けた完璧主義
 高い理想
 もとめる姿
 あるべき姿
 
・物に向けた完璧主義
 自分のステータス
 持つべきブランド

・仕事に向けた完璧主義
 上昇志向
 自己顕示欲
 上司としての姿
 部下としての姿
 承認欲求

あくまで例です。
誤解が無いように言いますが
完璧主義は悪いという意味では
ありません。

仕事に置いては
他人の健康や安全や未来が
かかってる場合もあり
むしろ完璧を目指す熱意と責任感が
必要なのは言うまでもありません。

しかし結果として不調を感じるのは
自分の意思に反して体がキャパを
超えているという事です。

そしてそのサインの一つが
完璧主義という事になります。

今回は慢性痛の原因は完璧主義と
いうテーマでご提案しました。

完璧主義に関わらず
何が不調がつながっているのか
内面や無意識を探索したい方は
お気軽にご相談下さい。

参考サイト

日経GOODAY 30+
ガガさんの「線維筋痛症」
女性に多く完璧主義は注意

一部引用
発症や予後には心のクセが関係する?
線維筋痛症の発症には、2つの段階があると考えられている。多くの場合、最初の段階として、何らかの身体的外傷(手術、事故などの外傷、オーバーワークによる肉体的負荷など)や心的外傷(虐待やショックな体験によるトラウマなど)を負っているという。

2つ目の段階が、過去の外傷からある程度経過した後に、新たな外傷やストレスが加わることだ。それをきっかけに発症することが多く、背景には、自分の体に負荷をかけ続ける行動パターンになりやすい「過剰な几帳面さ」「強迫性」「完璧性」といった気質が関係しているという。

詳しくは↓
日経Gooday 30+ガガさんの「線維筋痛症」女性に多く完璧主義は注意

a:408 t:1 y:1