パターイップス

パターイップス

「ゴルフパターイップス」

・男性
・50代
・お悩み

・コースに出ると発症
 その日にイップスが
 一度出ると1日中出る

・パターで手首に
 力が入るまたは勝手に
 動くひねる

・中学でゴルフをはじめ
 高校卒業後コースに出る
 ゴルフの熟練者

基本的なスキルは備わっており
フォームの変更ではなく
脳の誤作動が原因と
考えられる。

施術を受ける過程で
5回目くらいから
パターイップスは軽減

その後
室内練習でイップスを
感じている。
スイング時
腕が先に動いてしまい
インパクトが
ずれてしまう。


1回目10/19(水)

・左手首伸展で反応

・他人の声で反応
 ゴルフ仲間にミスショットを
 笑われると思うと出る
 
反応しないように調整


2回目11/02(水)

目安検査とEB

・左手首背屈
・親指(第一指の骨反応)

EB検査

経絡は心包経と胆径で反応

キーワード
安心安定で調整


3回目11/30(水)

施術の変化
ゴルフイップスは
半分に減ってきた。

「目安とEB検査」

骨系と靱帯で陽性反応
第1指
第5指

「イップスに関係するキーワード」

安心安定

仕事で新規開拓し
安心したい

意欲

意欲を出したい自分と
なぜか意欲が出ない
やる気がおきない
自分との葛藤
なぜだろうという
気持ち

「調整の詳細」

・仕事の意欲
惰性でやっている
時がある。

・ゴルフの意欲
負けてもあまり
悔しいと思わなく
なってきた。

二つを調整したが

他の意欲で再度陽性反応

詳細チャート
時系列
5年前の意欲で反応

心あたりがあるそうで
その内容で検査を進行
陽性反応を確認し調整。

全て陰性化を確認後
施術を終了

意欲の考察
患者は50代で最近
意欲を出したいが
意欲がなかなか出ない
と感じている

更年期については
陰性反応

最終的な仕事の
着地点を考えるなど

意欲は低下しているものの
休日に仕事に行くなど
長時間労働をしている。

休日と出勤のめりはりを
付ける事が苦手。

一要因として
心と体の不一致が
イップスとつながって
いる可能性がある。


4回目 12/25

状況
コースに3回出てもほとんど
イップスが出なかったとの事
イップスのレベルは1~2/10

お悩み
ゴルフが終わった後
左肘の痛み
左親指の痛み
痛みのレベル

目安検査

陽性反応
・左肘の伸展
・左親指(第五指)
=最初ゴルフ練習中
CM関節(第三関節)
骨系・靱帯・軟骨

EB検査

経絡-肺経

調整

感情チャート
恐怖

仕事
コロナの不調が
長引く事への恐怖

調整し陰性を確認

まとめ
イップスは出にくくなっており
今後はメンテナンスを行う。

通院は月一ぺース

特記事項
イップスは心と体の混線であり
その理由はゴルフ関係とは
限らない、むしろ全く違う
所から混線理由がある事の
方が多い。

道具でイップスが緩和する事もあるが
それはイップスではなく
単なるスランプではないかと
考える。

根本原因は
もっと奥で隠れており
そこにアプローチしなければ
再発するパターンも多い。


5回目 7/6

ゴルフイップス インパクトがずれる
令和5年7/7

パターの調子は良くなったが
腕のスイングが軸より
先に動きインパクトが悪化

痛みにも言えますが
イップスの内容や場所が変わる時
全体として軽減する
予兆パターンである事が
多い。

これは怪我の外傷で
一番ひどい場所が治ると
二番目の損傷箇所に
意識が行くのに似ている

今回も一つ一つ丁寧に調整

最初はいつものように
アクティベータで体の
緊張を神経系を通して
ニュートラルに近づけます。

ゴルフイップスが
お悩みですが

全体のバランスを
整える事が重要です。

・太もも裏の過緊張
 (ハムストリングの自動収縮)
・足首の可動域減少
 (つま先が下がる傾向)
・股関節の動作かくつき
 (スムーズではない)

これらを上半身と
下半身のバランスを
整えやすくします。

アクティベータ調整終了後に
脳の誤作動調整を実施。

まずは症状のイメージで
体が緊張状態を検出

次に何が脳の誤作動と
なるのか無意識の心の
キーワードを患者様と一緒に
探索してします。

「検査反応」

恐怖で反応

スイングする前から
失敗する恐怖にとらわれてる

運動神経は動く前から
どんな動きをしてするか
脳がイメージして
いますが。

恐怖がそのイメージを
ブロックしています。

恐怖が影響しにくいように
調整しました。


a:288 t:2 y:5

コメント


認証コード0065

コメントは管理者の承認後に表示されます。