長引く慢性痛につながる思考癖とは?



どこに行っても
痛みに変化がない時

あなたには
こんな思考癖が
ありませんか?

脳と痛みの関係は
多数文献があります

調べれば多くの事が
分かり医学的な事は
専門サイトで調べる事が
出来ます

そこでは
痛みに対しての考え方
認知の仕方が問題だと
いう事が分かります

ここでは実際の現場の話
経験値でご提案します

私の言う事を
鵜呑みにせず
ご自身の痛みと
比較してみて下さい

4つ以上あれば
その思考癖が
原因かもしれません


痛みを生む
思考癖

・常に痛いと訴える
 痛くない日がない

・痛みの弱化・緩和
 軽減など軽くなる
 イメージが出来ない

・常に痛みを訴えるが
 睡眠中は痛みが弱い

・何を聞いても
 痛いで締めくくる

・こうすると楽
 だという表現がない

・痛み探しを
 無意識にしている

・痛みがない時の
 記憶がない
 痛みがない時が
 あるのに認めない

・痛みがない時を聞くと
 見つけるのに消極的になる

・痛みがない時の
 会話をする時うれしい
 はずなのに真顔になる

・痛みにだけにアンテナを
 張って軽い時のアンテナ
 が弱い

・痛みがあるのが当然で
 痛みがないのは不自然の
 ような認識になっている

・痛みがあるのが当然だと
 深く植付けている

・痛みに対して
 恐怖や怒りがある

・痛みへの奥に
 訴えたい何かが
 隠れている
 (潜在意識の中です)



読んでどうでしたか?
私は関係ない
私と似てる
参考になれば幸いです



なぜ痛みに
捕まるのか?


一度痛みに捕まると
痛みの悪循環
痛みのループにはまり
出て来れない人がいます

なぜ痛みのループから
出れないのか?

私の経験から
言わせて頂くと
色々な痛みを経て
最終的な痛みの解釈が
ポイントになります

言い換えると
その日その日の痛みに
対しての結論です

AさんとBさんの違いで
説明をします

AさんとBさんは
痛みが長引いており
1日の最後
ソファーに横になります

しかし二人には
横になる最後の瞬間に
違いがあるのです

それは痛みに対する
解釈の違いです


痛みがあるから
横になる

Aさんの場合
痛みで横ならなければならない
痛みがある自分をイメージしています

脳での痛み強化


横になれば
痛みはやわらぐ

Bさんの場合
横になれば痛みは徐々に和らぐ
痛みが無くなるイメージをしてます

脳での痛み軽減

痛みが軽減されるイメージをして
脳で痛みがリセットされやすくなる

なんとなく
伝わったでしょうか?


あなたの痛みが長引く時
最終解釈はどうしてますか?
何かのきっかけになると
幸いです

痛みの悪循環を
抜け出す方法とは?

それは
「痛みの最終解釈」を
変えてみる事です

ここでちょっと
ユニークな質問です
あなたは痛みがある時
どちらの考えが痛みを
軽減すると思いますか?

頭を柔らかくして
二つの選択肢を
考えてみて下さい

痛みを毎日
①痛い~痛い~と唱える

痛みを毎日
②痛いの痛いの飛んで行け~と唱える

なんだよおまじない
っと思いましたか?

しかし痛みが続くあなたは
あ~痛い・あ~痛いと
無意識にある強化をしてます

それは
痛みの記憶の強化です

①と②はどちらが
痛みが和らぐと思いますか?

何をバカな話をと
思ったかもしれませんが

痛みをどんで行け~と唱えた方が
痛みが軽減するとイメージしたの
ではないでしょうか?

このように
解釈の違いは日々痛みの
結論を潜在意識に植付けて
います

もうお分かりだと思いますが

イメージするとは?
記憶の強化をしています

痛みの悪循環を壊すには
痛み過敏の流れを
痛み緩和の流れに

大きくシフトチェンジする
必要があります

あなたは痛みの
悪循環から好循環に
変えたくはありませんか?

人間は運動や勉強を
習得する時、何度も何度も
脳に刺激を与え自然と
覚えていたり
上達して行きます

ですから悪い方向で
脳に刷りこみをしたのであれば
痛みがない記憶に上書きする事が
痛み緩和の糸口になります

もし1人ではなかなか
緩和が困難だと感じたら
私があなたをサポートします

最後まで読んで頂き感謝致します

詳しい内容はこちら
心身条件反射療法

LINE予約24時間OK

タッチでLINEに飛びます
LINE表示

他SNSも投稿しています
インスタグタム画像の説明ツイッター

地図

薬院駅 徒歩2分の整体院

地図動画

a:83 t:1 y:0