腰痛は歪みが原因か?

腰痛骨の変形ではない

本日は那珂川町から腰痛で

40代男性にお越し頂きました


問診をすると

腰痛は腰の歪みが原因ですか?

というご質問をもらいました


NHKの番組でも取り上げられましたが

海外の研究でも歪みと腰痛の関係は

否定されています


歪み=骨の歪み=腰痛ではないのです

&show(): File not found: "auto-czP2nF.JPG" at page "QBlog-20161016-1";


もう一度くりかえします

歪み=骨の歪み=腰痛ではありません


[check]人間の手相が右と左が違うように

[check]顔も左右が同じでないように

骨の形も左右がまったく同じという事は

ありません


骨のゆがみが原因であれば

腰痛患者に高齢者が多いはずです

しかしそのようなデーターは

ありません

むしろ働きざかりの30~50代に多いと

いうデーターが多いです


歪みというワードは大変わかりやすいため

インターネットでも多く使われていますが

残念な事に直ぐに骨の歪みをイメージする方が

非常に多く、誤解があるように感じます


[check]この歪みの根本的原因はなんであるか?


そもそも人間を左右に動かす時(ゆがみ)

何を使っているでしょうか?

それは??


筋肉です


筋肉が収縮する事で

姿勢が変わり状態によっては

ゆがみという形になります


この筋肉が硬くなる理由は?

[check]日頃、同じ姿勢をして疲労の蓄積

[check]人間関係から来るストレスの蓄積

[check]栄養不良など生活習慣からくる血行不良

などが考えられます


ゆがみにだけに着目するのではなく

トータル的に体の調子を整える事が

腰痛の緩和を促進します


さらに当院では

その筋肉を操作している

神経系の流れを正常化する事で

筋肉の硬さを緩和し痛みを軽減して行きます


まとめ

歪みは体を操作している筋肉が原因で

骨その結果にすぎない

つまり腰痛=歪みではなく

筋肉と考える方が自然です

a:529 t:1 y:1