原因不明の腰痛

本日は天神から腰痛で
ご来院して頂きました

3ヶ月以上続く腰痛でお困りです

最近の腰痛は脳の問題が
指摘されています

NHKドキュメント番組で
紹介されたDLPFCを
ご存知でしょうか?

画像の説明

患部は治っているのに
神経の高ぶりから痛みが
いつまでも続くものがあります

そのような痛みに本来は脳の
DLPFCがその痛みを
抑制するのですが
いつまでも続くと
DLPFCも疲れて機能が
低下して痛みを
長期化するというものです

しかし長期に渡る痛みにより
ストッパーの機能が
衰えてますます

腰痛が長期化して
しまうというものです

一般的には骨や筋肉が
問題視されがちですが
そもそも腰痛の85%は
原因が不明です

そう考えると
脳への過剰な負担から
くる腰痛は不思議な事では
ありません

心の傷にトラウマが
あるように腰痛の痛みが
脳にこびり付いて離れない
それが慢性的な腰痛と
なっている可能性を
近年では受け入れて
視点を広げた方が良いです

今回の腰痛は
PC作業、中心の
仕事をされており
けして腰の筋肉に
過度な負担を
かける仕事ではありません

おそらく集中と同時に
ストレスが蓄積され
腰の筋肉が固まり
痛みを発生したと予測します

アクティベータを通して
神経系から脳からの命令が
正しく伝達しやすくなるように
調整させて頂きました

ハートカイロでも
脳のアプローチをしています
詳しくは↓
心身条件反射療法

a:922 t:2 y:0