申訳ありません、ただ今作成途中になります。

首のお悩みでお困りではありませんか?

首が痛い又肩が痛い手足がしびれるなどの状態で

不安な時、まず整形外科に行かれると思います

レントゲンやMRIを撮って異常があれば以下の二つの

説明を受ける場合があります


頸椎症

骨棘が痛みしびれの要因と説明される

骨が変形して出来た棘が

首の神経根や脊髄を圧迫している


整形外科での対応方法

消炎鎮痛剤や理学療法あるいはブロック注射などの

保存療法で様子を見る


頸椎椎間板ヘルニア

首の椎間板ヘルニアが痛みしびれの要因と説明される

ヘルニアが首の神経根や脊髄を圧迫している

整形外科の対応方法

重症化すると下半身がマヒする事もあり

MRIなどでしっかり検査をした上で必要であれば

手術を検討されます


どこを圧迫するかで状態が違う

二つの違いは骨棘が要因かヘルニアが要因かの違いがありますが

神経のどこを圧迫するかで状態は同じ説明をしています

神経根を圧迫すると


理由は骨棘でも頸椎ヘルニアでも

肩から腕にかけての強い痛みと手のしびれ

首を少し動かすと肩甲骨にびりびりという痛みが走ったり

手の先までビーッと痛みが走ったりする可能性があり


脊髄を圧迫すると


頸椎ヘルニアでも骨棘でも

手や体幹、足がしびれる、ボタンがかけにくい

はしが持ちにくい歩行時に足に力が入らない、尿の出方が弱い

便秘しやすい排尿排便障害が出る可能性がある


整形外科での診断基準

清水脊椎クリニック院長

清水敬修 先生によると

頸椎(首の骨)に対して、X線画像の検査を

行うと50代では70%以上の人に

なんらかの変形があり、画像で頸椎の変形があっても

自覚症状がなければ気にする

必要がないと言われています


自律神経型

頭痛、吐き気、めまい、倦怠感など

肩から腕にかけて強い痛みと手にしびれがある場合

a:207 t:1 y:1