足底筋膜炎の原因 ストレス

長引く足裏の痛み

[check]病院に行くも変化なし

[check]体外衝撃波も変化なし

[check]マッサージも変化なし

[check]足底インソールも変化なし

[check]3ヵ月以上悩んでいる

[check]朝の一歩はいつも痛い

このような時
長期化した足裏の痛み
何が原因でしょうか?


画像診断に異常がない

画像診断に異常がない

構造上の問題であれば
整形外科で軽減するでしょう
しかし緩和しないとなれば
構造上の問題ではない可能性が
あります。

そして炎症であれば
薬で緩和するでしょう
しかし変化がないのであれば
問題は炎症ではない
可能性があります。

では一体何が問題
なのでしょうか?


ストレスで足裏痛へ

ストレスで足裏痛へ

あなたは
ストレスが体に良くない事は
ご存知だと思います。

ストレスによる
体調不良の例を上げると
腰痛、頭痛、更年期障害
アトピー性皮膚炎、心臓病
下痢便秘、腹痛、不安障害
めまい、ぜんそくの
可能性が出来てきます。

足裏の痛みでは
ストレスから
交感神経が優位になります。

・血管の収縮
・血行不良
・筋肉拘縮

・筋拘縮からさらに
 血行不良が進み
 痛みが長期化する

このように
ストレスと体の不調は
密接につながっています。


自分のストレスを
認めない方もいます。

自分のストレスを認めない

私にはストレスは無いと
言う方がいます。

不調が長引く時
すでに不調自体が
ストレスのはずです。

困っている状態なのに
ストレスは無いという時
自分のストレスを認識するのが
苦手だと考えられます。

無意識のストレス
例えると
「迷いのエネルギー」です

本人が気付いてない為
そのエネルギーを
どうしたら良いか
体中を迷走します。

それが身体に向けられた時
身体の異常として表に出ます。

参考サイト
ストレスが影響する病気、症状

次は無意識のストレス
ついて具体的に説明します。


無意識のストレス

無意識のストレス

それでは具体的に
無意識のストレス
説明します。

「具体例」

[check]過剰な運動をしていないのに
 足裏が痛い

[check]相手の反応ばかり気になる

[check]自分の感情表現が苦手

[check]完璧主義の傾向がある

[check]義務感が強い

無意識のストレス
自分で気づかない間に
蓄積します。


無意識のストレスを調整

当院では無意識のストレス調整を
行っています。

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法

a:22 t:1 y:4