日記で腰痛を軽減緩和

日記と腰痛

慢性的な痛みが
軽減、緩和しない時
日記は力を貸してくれる
かもしれません

あなたは痛みに対して
こう考えていませんか?

・常に痛い
・痛みが頭から離れない
・痛みに強い先入観がある
・恐怖、怒りなど感じて
 いませんか?

もし痛みに過敏なって
いるかもと思った方は
痛みにを客観的に見る
日記に取組んでみて下さい

・1日5分程度で出来る
 セルフメンテナンス

日記は腰痛に
効果がある
認知行動療法の一つです

ここでは日記を
付けると何故
腰痛を軽減するのか
また日記の書き方を
説明します

日記を書く
前の注意点

痛みの記憶

皆さんは
自動思考というのを
ご存知ですか?

もともとの性格
積み重ねた経験
・外部環境(社会)
・内部環境(家庭)
などから作くられます

自身が無意識レベルで
感じ認識する
思考の成り立ちを
自動思考といいます

自動思考は
コミュニケーションを
円滑に図る上で
相手の考えを
察知する事にもなります

問題はその自動思考が
過剰に働き現実よりも
歪んだとり方になる事です

過剰に歪んだ自動思考は

・過剰な恐怖

・過剰な怒り

・過剰な罪悪感など

心身を疲れさせる
ストレスとして
蓄積されます

ストレスが痛みが
つながる事は医学的に
分っています

日記を付ける事で
歪んだ自動思考に
支配されてないか
注意して記入する
必要があります

日記で自分を俯瞰する

日記により自動思考を
山の頂上から眺めるように
ふかんします

そうする事で頭を
生きやすい思考に
変化させて行きます

無くて七癖では
ありませんが人は誰しも
癖があります

大きく二つ

・思考の癖
・行動の癖
・言葉の癖

これらをまた

・個性
・性格
・習慣

といったりもします
良い習慣は
問題ありませんが
悪い習慣は体を
不調にさせます

記入方法は
シンプルで大丈夫❕❕

~しなければ
~やらなければ
という意識が強いと
ストレスになります

・出来る限りやる
・出来ない時は
 読み返すだけ

という気持ちの方が
効果を発揮しやすく
なります

腰痛を軽減する
日記の書き方

日記

記入の流れとしては

・出来事

・自動思考(思う事)

・倫理思考(ふかん)

「例えば」

・出来事→24時間、腰が痛い

・自動思考→死ぬまで腰が痛い

「倫理的ふかん」
よくよく考えてみると
寝ている時は腰が痛くない

24時間腰が痛いと思うのは
大げさで考え過ぎている

結果:ストレスが緩和

痛みの自動思考が修正され
痛みを感じる時間が
徐々に軽減緩和する

日記は歪みのできた
心のボールを
柔らかいボール(心)に
変化させていきます

腰痛対策に
日記を活用する事で
しなやかな健康を
作っていきましょう

心身条件反射療法

日記を付けても
痛みに変化がなく

ストレスが原因かな~っと
思った方はこちらも
ご覧ください

ハートカイロでは
ストレスからくる痛みを
緩和軽減する施術を
行なっています

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法小

医師が腰痛日記を
勧めている本もあります

キャプチャ

しつこい痛みは「日記」で
治る 単行本 –笠原 諭

a:409 t:1 y:1