腰痛と自律神経

腰痛と自律神経の関係

あなたは腰痛だけでなく
体の不調を感じて
いませんか?

もしかしたら
自律神経のバランスが
問題かもしれません

慢性的な腰痛を
軽減、緩和するには
自律神経の副交感神経を
優位にさせ心身共に
リラックスする事が
大切です

自律神経の解説

自律神経のバランス

自律神経には
交感神経と副交感神経
があります

車で言うと
交感神経はアクセル
副交感神経はブレーキ

交感神経が過剰な状態は
ブレーキの効かない車で
体に負担がいきます

交感神経

仕事・家事・子育て
介護などに懸命に
頑張っている時は
交感神経が活発に
働いてくれています

しかし過剰に働き
過ぎるとその
反動で問題が
出てきます

※交感神経が過剰※

・腰痛
・頭痛
・高血圧症
・動悸
・息切れ
・風邪
・免疫力低下
・食欲低下

副交感神経

副交感神は
ブレーキの役割で
活動的な状態から
リラックスした
状態にします

※副交感神経の働き※

・リラックスさせる
・エネルギーを蓄える
・血圧低下
・体温低下
・食欲増進
・消化機能を活発に
・眠りにつかせる
・幸福感を感じる
・体を修復する

自律神経は
バランスが重要で
副交感神経が
働きすぎると以下の
問題が出てきます

※副交感神経が過剰※

・腰痛
・アレルギー疾患
・気管支喘息
・リウマチ性疾患
・疲労の蓄積
・片頭痛
・ふらつき
・やる気の減退

副交感神経が過剰に
働くと腰痛になる

副交感神経も腰痛につながる

過剰な交感神経の働きで
疲労が蓄積し腰痛になる
事は知られていますが

自律神経はバランスが
大切で副交感神経が
過剰でも腰痛につながります

腰痛やぎっくり腰で
長期的に体を
動かさないでいると
副交感神経が優位に
なりすぎる傾向があります

寝すぎると余計に
体がだるくなった
経験がありませんか?

副交感神経が
過剰に働くと
血管が広がる時間が
長くなります

お風呂に長く入り
上がるとふらふらする事が
あります、血行が良くなって
いるのに何故でしょうか?

全体の血液循環は良くなって
いるのですが
体内の血液自体が
増えた訳ではありません
全体の流れる量が増えた分
今まで多く流れた脳への供給が
減り酸素不足になっているのです

脳は過剰な痛みを
コントロールする機能が
ありますが脳も細胞の一つです

酸素が不足すれば
誤作動を起こし
痛みを感じやすく
させす

交感神経でも
副交感神経でも
過剰に働いてしまうと
血流を停滞させ腰痛に
つながってしまう
可能性あるのです

腰痛対策も
バランスが大切

自律神経のバランス

慢性腰痛では
無理のない範囲で
普段の生活をする方が
回復しやすい
エビデンスが存在します

腰痛と自律神経の
関係では
・交感神経
・副交感神経
両方のバランスを
意識して治療を
進めることが重要です

心身条件反射療法

慢性的な痛み
しびれは無意識レベルで
ストレスが関与している
場合があります

過剰なストレスによって
自律神経のバランスが
崩れる事は知っている
方も多いと思います

過剰なストレスは
痛みともつながっている
事は医学的にも
証明されています

ハートカイロでは
メンタル面からの
痛みしびれを
緩和軽減する施術を
行なっています

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法


a:594 t:2 y:1