腰椎椎間板
ヘルニア情報

椎間板ヘルニア

私も30代後半に整形外科に行き
椎間板ヘルニアと診断を受けました

痛みに耐えながら
長時間待ちMRIの撮影

そして椎間板がつぶれ
神経を圧迫している写真を拝見

そこで「ヘルニアのせいで
腰痛です」と説明されます

影像はリアルに脳に伝わり
ヘルニアが腰痛の原因と
思いました

レントゲン

しかし最近では
椎間板ヘルニアが
画像に写っても痛みがない
人がいる事も分っています

その理由をご紹介します
参考にして下さい



テレビで解説

2013年7月2日(火)放送

「NHKクローズアップ現代」

愛知医科大学学際的
痛みセンター
解説 牛田享宏 教授

番組タイトル
腰痛2800万人時代
変わる常識
腰痛椎間板ヘルにア


・椎間板ヘルニアがあっても
 痛みを感じない方も多い

・ヘルニアは加齢から
 くるしわのようなもの

・多くの人にあるのが
 むしろ普通

確かに椎間板が
痛んでる人のほうが
骨の動きが悪いだとか

いろいろ出てきますので
痛みが出る人が多いのも
事実です

けれども多くの人が
ヘルニアを持っており

それで困っていない
というのが実情です



ただ一方で

ヘルニアだから
腰が痛いという脳の誤作動

画像診断のMRIで
椎間板ヘルニアを
見ることが多いので
ヘルニアの強い
記憶が残ります

私はヘルニアだから

・痛いんだと
・動けないんだと
・思いこみも働き

動かない事から
筋肉・筋力も弱く
なってしまう二次的な
問題も結構見られます



椎間板ヘルニアは
自然に消える?

愛知医科大学
学際的痛みセンター 
解説 牛田享宏 教授

痛みの記憶が腰痛につながる

学習記憶

ヘルニアが仮に
なくなっても
腰痛は続いている
ことも結構あります

そもそも痛みというのは
脳で記憶されています

その痛みの記憶が強いと
腰を同じような
姿勢にしたら
また痛いんじゃないかと
体が防御的に
働いたりして痛みを感じる


上記は
NHKクローズアップ現代
2013年7月2日(火)放送
腰痛2800万人時代
変わる“常識

愛知医科大学
学際的痛みセンター

解説 牛田享宏 教授



ヘルニア情報

日本整形外科
学会専門医
稲場弘彦
医師解説

ヘルニア

新しい
椎間板ヘルニアの情報
日本整形外科学会専門医
稲場弘彦 医師はNHKの
番組内にて以下の
ように説明しています

・ヘルニアの9割が
 自然に消滅する

・ヘルニアに手術の
 必要性は低い

・ヘルニアがあっても
 痛みがない人がいる

つまり健康な人でも
ヘルニアが存在し
ほとんどの方に
手術が必要ないと
伝えています



情報について

私はヘルニアがあると
言われてましたが
現在はほとんど腰痛を
感じません

またクライアントに
ヘルニアがあっても
半数以上の方が軽減しています

皆さんはネットの
情報過多で混乱しませんか?

しかし
今回の情報は少し調べれば
知る事が出来ます

あなたが腰痛対策に
取組む判断材料にして
して頂ければ幸いです



役立つ本

福岡 腰痛 整体

a:691 t:3 y:0