20190921トップページ

目次



長引く腰痛では?

あなたは
長引く腰痛で
肉体的にも精神的にも
困っていませんか?

・痛みに恐怖心があり 
 過敏になっている

・痛み止めがきかない
 湿布はその場しのぎ

・痛みに波があり
 その差が激しい

・痛みの場所が変わる
 事がある

・自分の腰痛は
 軽減しないと
 思い込んでいる

・ストレスが蓄積して
 うつの傾向がある

・どこに行っても
 変わらないと思っている

あなたは腰痛の情報を
どこまで知っていますか?



腰痛の85%とは?

腰痛の85%は原因不明

すでに多くの方が
知っている情報です

整形外科では
85%が原因不明です

なぜ原因不明
なのでしょうか?

それは個々に
違った原因があり
特定できない
からです

個人個人の悩み
ストレスは環境や
性格によっても
感じ方が違います

これと同じように
痛みの感じ方や
対策も個々によって
違います

あなたは痛みの影響で
肉体的にも精神的にも
疲労し本来の力が
発揮できないの
かもしれません

しかし大丈夫です
まずは新しい情報を知り
対策を立てましょう



もう行きましたか?

あなたは整形外科に行き
・レントゲン
・MRI・CT
をとり検査をしましたか?

画像検査

整形外科の検査で分かる事

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

検査結果によって
このような対応を
受けませんでしたか?

・画像を見せられ
 ヘルニアと言われる
・痛み止め
・シップ
・ブロック注射
・最悪手術を勧められる


画像検査の新常識

これも冷静に調べると
すぐに分かります

整形外科の
画像検査が腰痛と
ほとんど関係ない
情報です

ガンや炎症が発見でき
重要な検査です

しかし
骨の変形やヘルニアが
腰痛の絶対原因では
ないと知る事がきでます

腰痛参考図書
新しい腰痛対策Q&A21
医学博士
松平 浩著

この本では
重症な腰痛で
なければ画像診断で
異常があっても
悲観する必要が
ないと説明
されています


知っておきたい内容

レントゲンや
MRIの所見をみて
変形している
椎間板が痛んでいる

ヘルニアがある
分離症があると
言われると
腰痛になると思って
いませんか?

新常識
画像所見のほどんどは
腰痛の原因を
説明できません

腰の画像所見を
ネガティブイメージで
指摘されても
悲観する
必要はありません

ヘルニア像も
含めてこのような
所見は腰痛が
あろうとなかろうと
一つくらいは
多くの人に
見られるとあります

椎間板に負担が
掛かっている
所見は
20代からみられる
事も分っています



骨の変形が原因か?

アメリカの
データーです

腰痛に関するアメリカのデーター
(TMS JAPAN)

骨の変形と痛みの関係
1992年アメリカの
Bigosらの研究で雇用前に
健康診断を実施
それらは下記の3つに
分けられました

①健康診断群 203名
②急性腰痛群 207名
③慢性腰痛群 200名

2名の医師によって
レントゲンの画像診断を
してもらい骨の
異常検出率を比較

その結果、意外な事が
分かりました

それは??
・慢性腰痛群
・急性腰痛群
・健康診断群

3群の骨の異常検出率には
差がほとんど
ありませんでした

この研究結果では
痛みの原因は骨の
変形では無いと
示しています

潜在性二分脊椎
腰仙移行椎
脊椎分離症と脊椎すべり症



MRIの弱点とは?

MRI筋肉

あなたはMRIの
弱点を知っていますか?

それは・・・?

筋肉の硬さです
MRIで筋肉の硬さは
分かりにくいのです


腰痛の要因とは?

腰痛の最新情報では
骨の変形やヘルニアが
原因ではないと
お伝えしました

では何が要因か?
腰痛の一要因は
異常に硬くなった
筋肉です

筋肉の硬さが痛みしびれに

なぜ筋肉が
硬くなると痛みを
感じるのでしょうか?

その理由は?

筋肉が
硬い状態が続くと

血行不良になります

すると栄養や
酸素が届きにくくなり

体がSOSを出し
痛みを感じます



腰痛につながる筋肉

福岡 腰痛

大腰筋・腸腰筋・腰方形筋・大殿筋
中殿筋・小殿筋・多裂筋・腸肋筋



腰痛で
家事が出来ない

福岡 腰痛

腰痛30代主婦感想用

「施術の感想」

背中から足まで
とにかく張っていて
5分以上同じ姿勢で
いられないこと
骨盤周りの痛みが
強くて

家事に支障をきたす
日々をなんとか
治したいと
来院しました


体の色々な場所を
一つ一つ丁寧に
アクティベータ療法で
アプローチして
くださり体の流れを
整えて頂きました
帰ってから激痛が
軽くなっていました


これまで滞っていた
ガチガチの体の
中の流れが動き出した
気がしました


感想は個人に
よるもので効果を
保証するものでは
ありません


慢性腰痛の
アプローチとは?

慢性腰痛は
肉体的、精神的な疲労から
筋肉の急激な過緊張が
主な要因です

そこで

・マッサージ
・指圧
・ほぐし
・筋膜リリース
・トリガーポイント

など色々施術を
受ける方もいます

しかし変化が
出ない方もいます

それはなぜでしょうか

ほぐしは結果の対策で原因への対策ではない

筋肉の過緊張が生む
痛みは結果であり
原因ではないからです

筋肉が正常に活動する時
勝手に収縮と弛緩をして
いるのではなく

脳→神経→筋肉の順番で
脳からの命令が伝わり
動いています

神経と筋肉の流れ

筋肉をマッサージして
ぶり返す場合は
結果にアプローチして
根本原因が解決してない
からです

原因とは
筋肉を操作する
脳でありそれを伝える
神経系です

つまり
長引く腰痛は

脳や神経系が誤まった
働きをする誤作動が
関係しています



腰痛の
根本原因

あなたの慢性腰痛には
二つの理由が考えられます

・脳の誤作動
・神経の誤作動

出来るだけシンプルに
説明しますので参考にして
下さい


脳の誤作動

・脳の誤作動

ストレス過多になると
脳が緊張状態になります

それが長期化すると
筋肉も過緊張になり
痛みにつながります

緊張すると体が硬くなる
経験がだれにでもあります
あれも一種の誤作動です


神経系の誤作動

・神経系の誤作動

脳が命令を
出していても
神経系が伝達しないと
筋肉が縮んたり緩んだり
する事は出来ません

過剰なストレスや
神経系の伝達不備が
起こると脳からの命令が
伝わりにくくなり
筋肉が固まり
やすくなります


慢性腰痛の施術

あなたは長引く腰痛の
結果に対処しますか?

それとも原因に
対処しますか?

ハートカイロでは
原因に対応した
二つのアプローチを
行います

脳へのアプローチ
詳しくはタッチ
心身条件反射療法

神経系のアプローチ
詳しくはタッチ
アクティベータ療法

この二つで
クライアントの
長引く腰痛を
根本から解決する
施術を行います



腰痛ガイドライン

腰痛ガイドライン

皆さんはこの常識を
ご存知ですか?

日本腰痛学会
日本整形外科学会が示す

腰痛ガイドラインです
一部をご紹介します

①腰痛の発症には
 心理社会的因子が
 関与している

②腰痛に精神的要因
 特にうつ状態が
 関与している

ストレス犬

中にはストレスはないと
思っている方がいます

しかし慢性痛の方は
一度視野に入れましょう

詳しくは
長引く原因ストレス

ハートカイロでは
表面だけでなく
心と体の調和を促し
あなたの治癒力を発揮
しやすくします



目指すゴール

みんなの笑顔

・腰痛が緩和し痛みが
 少しづつ軽減

・仕事や家事が快適に
 進める事ができる

・家族や友人との
 時間がが増える

・自分の人生を再開できる

長く辛かった腰痛を
一緒に克服しましょう



腰痛お勧め本

人気の腰痛本で当院でレンタルできる本です

腰痛お勧め本です
無料貸出し中



関連ページ


地図


地図動画

a:6005 t:1 y:0