痛み止め厚生労働省が
改訂指示

福岡 膝痛 薬

痛みは誰しも嫌なものです
そこで病院で使用される
のがロキソニンなどの
非ステロイド
性消炎鎮痛剤だと思います
(NSAIDs)

[check]「ロキソニン情報」
2016年3月22日

厚生労働省は解熱鎮痛薬
「ロキソプロフェン
ナトリウム水和物」の
使用上の注意を追加

「重大な副作用」の項目に
「小腸・大腸の狭窄・閉塞」
を追記する改訂指示を
出したと発表しています

痛み止めを飲んだ時
腸の不快感を覚えた事の
ある方は多いと思います
わたしもその1人です

薬の副作用は個々の
体質もあり様々です

飲み過ぎに注意して
医師と相談して服用する
必要があると考えます

痛みの原因DLPFC

慢性的な痛みしびれ

腰痛を通し痛みの原因が
脳の機能低下である
研究結果になります


2011年カナダマルギ大学の
研究チームが衝撃の
研究結果を発表半年以上に
わたって痛みに悩む
患者18人の体を徹底的に
調べた結果ある場所に
共通の異変が起こっている
事が分かりました

それは脳です
慢性的な痛みがある人は
脳の「DLPFC」

背外側前頭前皮質と
いわれる場所の体積が

健康な人と比べ極端に
減り活動が衰えており
痛みが長い人ほど
この部分の体積減少と
活動低下がありました

この事からDLPFCの衰えが

痛みの原因の一つに

なっていると考えられています

DLPFCの循環


半月板の損症は
痛みと関係ない

半月板の損傷は痛みと
関係ない研究結果があります

福岡 膝痛 炎症

日本では膝痛を検査する時MRI画像診断を行う事が
多いと思います

そして半月板損傷が
見つかると・・

変形性膝関節症と
診断される事が多いようです

しかし半月板損傷が
あるから変形性膝関節症
だという診断には
実はまだ・・・十分な
関連性やデーターが
示されていないのを
ご存知ですか??

そこでアメリカの
研究結果をご紹介します

NEJM誌2008年9月11日号
より米国・ボストン医科大学のMartin Englund氏''らは
マサチューセッツ州住民を
対象に関連について
調査を行いました

被験者を50歳以上の
一般集団からランダムに
選定Englund氏らが
対象としたのは
マサチューセッツ州
フラミンガムの住民で
国勢調査標準地域データとRDD方式で被験者を選んだ
50~90歳の電話番号から
ランダムに抽出
外来通院可能な者とし
特に膝または他の関節に
問題のある人を
選択していません

分析は、被験者991例を
対象にMRIの検査で得た
(57%が女性)

右膝半月板の画像データを
元に実施
右膝の症状は調査票に
基づいて正確に行なわれた

その結果、膝痛がなくても
半月板断裂又損傷は加齢に
伴い増加し半月板損傷は
男女とも加齢に伴い
増加する事が分かりました

さらに変形性膝関節症で
X線で骨に異常を感じ

軟部組織の半月板に
断裂があり膝に痛みを
訴える人は63%
一方痛みがまったくない
人でも60%痛みがなくても
半月板に断裂がある

また、調査で半月板断裂が
認められた被験者の61%は
前月には疼痛やうずき
こわばりは少しもなかった
と報告されています

これらからEnglund氏は

調査結果は
半月板損傷は中高年に
一般的にみられるもので
膝症状とは関連しないと
結論を出しています

大変興味深い研究結果です


変形性膝関節症は
女性が多い

日本整形学会によれば
変形性膝関節症は
女性は男性の4
倍だといわれています

外国アメリカの
アイオワ大学の

Natalie A Glass氏の
研究によりますと
変形性関節症(OA)
軽症・重度に関係なく

女性は男性より
膝痛が多くとくに膝蓋骨
大腿骨で起こる

変性ではあきらかに
女性が多い事を
発見しています

「Osteoarthritis and Cartilage誌」

2014年8月号オンライン版2014年7月4日号)の掲載報告」

女性に膝痛が多い原因は
として考えれている事とは?

男女差では女性は

①年配では筋量が少なく膝を支える力が弱い

②ホルモン・バランスが
悪く自律神経が乱れがち

③冷え性から血行不良に筋肉が固まりやすい


アメリカはヒアルロン酸は推奨せず

米国整形外科学会は変形性膝関節症

ガイドライン改訂版を発表2013年7月11日

米国学会短信整形外科疾患・投薬に関わる問題


米国整形外科学会(AAOS)は6月4日

変形性膝関節症治療に関する臨床診療

ガイドライン(CPG)改訂版を発表した


ヒアルロン酸を推奨しないと明記 

変形性関節症(OA)は摩擦による消耗が原因の

関節炎とも知られ65歳以上に発症することが

最も多い米国では約3300万人がOAに

罹患し身体障害の主因となっている


臨床診療ガイドラインCPGは

ヒアルロン酸の注射は、14件のメタ解析において


* メタ分析

ある分野・領域の複数の研究結果を統計的手法に

よって統合する系統的レビュー(検査)の一種です


臨床的に重要な改善を意味する最小閾値に

達しておらず症候性の変形性膝関節症治療法と

してもはや推奨されないものとしている


つまり米国整形外科学会ではヒアルロン酸注射を

効果のある治療として認知していないとあります


「膝痛の対策として」

「低負担の有酸素運動を積極的に取り入れる」また

患者が主体的に治療に取り組むことが痛みを軽減する

そして太り気味であれば減量が

進行を遅らせるためにできる最善策でもある


膝に問題を抱えている場合

それぞれの医療機関と密に協力しながら、各自に最適な治療を

組み立てることが最善であるとAAOSガイドライン

作成委員会委員長のJevsevar氏は述べています


人口関節置換手術の情報

手術を検討している方は参考にして下さい

年間100万件近くの人工膝関節置換術が行なわれている

アメリカで2015年に手術効果の検証試験が行なわれました

ハーバード大学のカッツ教授は次のように述べています


①人工膝関節置換術を受けると命の危険が高まる

術後90日間での死亡率が同年代の人りも高い(0.5~1%)


②人工膝関節置換術は誰にも効果があるわけではない

術後6ヶ月で約20%の患者に痛みが残っている


③人工関節置換術のほかにも治療方法がある

進行した変形性膝関節症でも

2/3の患者が運動療法で痛みを軽減


手術を否定するつもりはありません

しかし海外の研究から手術は

最終的な選択にした方がよいようです

地図


営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

電話下顔


膝痛の関連ページ

a:1036t:3y:1