2020年8/31更新

画像の説明

このページでは
坐骨神経痛に効くと言われる
ツボ7選をご紹介します。

ツボは経穴(けいけつ)と呼ばれ
起源は石器時代にさかのぼると
言われています。
(参考文献は最下に貼付)

ツボに刺激を与えるとその後
痛気持ちいい感覚に
なります。

あなたはツボを押した後に
刺激が広がって指を離した後も
押された感覚が残る経験が
ありませんか?

同じ圧で押しても
そこだけ、じゎ~と広がる刺激
そこがツボになります。


目次

ツボを刺激すると
なぜ良いのか?

つぼを刺激すると
気や血の流れが改善すると
言われています。

血流が良くなると体に
栄養と酸素が行き渡りやすくなり
回復力が上がると共に自然治癒能力が
発揮しやすくなります。

そして気については
調べても明確な答えがなく
非常に不明瞭です。

正解不正解を除き個人的な
解釈としては個々が
持つ生命力だと
考えています。

生命力とは心と体が
シンクロし力を発揮する
状態です。

例えば
・気力とは気持ちの力で精神的な力
・体力は体を動かす力で肉体的な力

この二つの総和が気という
エネルギーではないかと
考えています。

では前置きはここまでにして
坐骨神経痛を軽減すると言われる
つぼをご紹介します。



坐骨神経痛を
軽減するつぼ7選

痛みが強い時に自分でツボを
押すのは難しいです。

使い方としては
痛みの予防として使う事を
お勧めします。

今は、コロナウイルスの影響で
在宅ワークも増えています。

休憩時に回りを気にせず
試してみて下さい。

専門用語だと分かりにくいので
一般の方でも分かりやすく
砕いた説明をしています。

何かありましたら
ご指摘下さい。


[check] 腎兪(じんゆ)

腎兪
位置
❶肋骨の一番下に手を置く
❷親指を背骨の中心に置く
 (棘突起に置く)
❸背骨の中心(棘突起)から
 親指一本ずらした所
 筋肉が盛り上がった場所です
❹押しながらやや上方に
 圧を加える


[check] 志室(ししつ)

志室
位置
❶腎兪より親指1本分外側横に
❷もりあがった筋肉の外側
❸筋肉を前方にへそ側に押しながら
 上方やや内側を押すと効果的です。


[check] 秩辺(ちっペん)

秩辺
 
位置
❶お尻の真ん中下を
 下から触り尾骨を確認。

❷尾骨から指4本分
 外側をまわしながら押す。

❸出来れば立って行った方
 やりやすいです。

しかし痛みが強い時は
座って行って下さい。


[check] 委中(いちゅう)

委中
位置
❶いすに座り膝を曲げる
❷膝裏の中心を見つける
❸両手で中指、薬指でくぼんだ
 場所を押す。


[check] 委陽(いよう)

委陽
位置
❶椅子に座り膝を曲げます
❷膝裏(太もも裏)
❸外側のすじを見つける
❹そのすじの内側をつまむ
❺上方向に押す


[check] 承筋(しょうきん)

承筋

位置
いすにすわる
❶膝裏の曲る
❷膝裏の中心から下に進み
❸ふくらはぎの一番膨らんだ所
❹指で押すが上半身の体重を利用する


[check] 崑崙(こんろん)

崑崙

位置
❶足首の外くるぶしに
 人さし指中指で触れる   
❷アキレス腱を親指で触れる
❸親指を外くるぶしとアキレス腱の
 間にスライドして押す
※ゆっくり押してゆっくり離す


指圧の方法

❶ゆっくり丁寧に息を吐きながら
 圧をかけ押していく

❷抵抗を感じ所でストップ

❸丁寧にゆっくり指を離して行く

圧の注意点
[check]絶対にぐりぐり強く押さない
[check]食事でゆっくり噛むの同じで
 ゆっくり丁寧に圧をかける



圧を効率良く行うコツ

楽にツボに刺激を伝える為に
必ず皮膚に対して垂直に
皮膚の面に合わせるように
効率良く圧を加える事です。

坐骨神経痛の豊富な情報提供


参考文献


株式会社ナツメ社
図解 東洋医学靱帯の経穴(つぼ)と経絡

著者 守口瀧三(もりぐちりゅうぞう)


合計:208 今日:2 昨日:9