2019年12月21日更新

キャプチャ

まず結論です

あなたは急なぎっく腰で
お困りだと思います

ハートカイロ整体院は
ぎっくり腰を繰返す方
向けの整体院です

肉体的また精神的にも
疲れを感じている方は
是非、読み進めて下さい

あなたをサポートします‼

10日で緩和

H301001遠山さん

男性・ぎっくり腰、69才

三年半ぶり2回目の
ぎっくり腰でした。


前回はトイレに
何日かはって行ったり
寝返りにも苦労しました


今回はアクティベータ
施術後から痛みが減少
翌日から痛みは
残っているものの何とか
普通に生活できました


10日後にはプールで
泳ぐまで回復し
あの痛みを忘れそうです(笑)


感想は個人的なもので
効果を保証するものでは
ありません


ぎっくり背中

福岡 ぎっくり背中

施術はとても丁寧で
即効性はありませんが
翌日に痛みが激減ししばらく
すると痛み出すという事を
何度か繰り返すうちに
ほとんど気にならなく
なりました。


通って本当に良かったと
感じています。


個人的な感想で効果を
保証するものではありません


繰返すぎっくり腰

あなたの状態は?

お尻の痛み

・腰に激痛が走る

・起きるのがつらい

・一つ一つの動作が痛い

・痛みに恐怖心がある



何故ぎっくり腰に?

あなたはぎっくり腰を
繰返して、あ~また
やってしまったと
思っていませんか?

腰痛男性40代小

実は繰返すぎっくり腰には
ある共通点があります

その理由とは

真面目・几帳面
 
潔癖症・完璧主義
 
神経質
 
過敏に気にする性格は

・緊張しやすい
・疲れやすい

特徴があり痛みに
つながる事があります

福岡 ぎっくり腰

溜まったストレスは
コップに溜まった
水のように小さな振動で
こぼれてしまいます

ぎっくり腰は、急になった
と聞きますが、その理由は
ストレスを自覚して
いない事も多く

ぎっくり腰に
つながっているのです



ぎっくりは
二つに分類できます

あなたはどのタイプの
ぎっくり腰でしょうか?

肉体的ぎっくり腰

[check] 筋肉が異常に硬い

・過剰な肉体労働
・長時間の同じ姿勢

過労の場合は
肉体的労働を軽減すれば
繰返す事は少ないでしょう


精神的ぎっくり腰

[check] ストレスの蓄積

・毎日の小さな蓄積
・相談相手がいない

[check] 考え方の偏り

・過剰な義務感
・劣等感・自己顕示欲

[check] 睡眠不足

・自律神経失調症
・過剰な飲酒

ぎっくり腰を繰返す場合は
筋肉の問題だけでなく

自己の性格や
人間関係が関与している
しているかもしれません


固まった筋肉

福岡 ぎっくり腰
(腰方形筋・大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋・多裂筋・腸肋筋)

ぎっくり腰には

・肉体的なぎっくり
・精神的なぎっくり

二つのタイプがあると
説明させて頂きました

二つの原因が結果として
筋肉を硬くしています

筋肉の硬さが痛みしびれに



原因と結果

重要ですので繰返します

原因は
肉体的な疲労
精神的な疲労
の蓄積です

結果
筋肉が固まり
痛みが出る



繰返す人に必要な事

そしてぎっくり腰を
繰返す人は、ほぐしで
緩和しない方がいます

何故でしょうか??

ほぐしは結果の対策原因への対策ではない

硬い筋肉は結果で
原因ではないからです

説明します

筋肉が正常に活動する時
勝手に縮んだり緩んだり
しているのではありません

脳→神経→筋肉の順番で
脳からの命令が伝わり
筋肉を動かし体を
動かしています

神経と筋肉の流れ

筋肉にアプローチしても
ぶり返す場合は
結果にアプローチして
根本原因が解決してない
ケースがあります

根本原因とは
筋肉を操作する
脳でありそれを伝える
神経系です

つまり
ぎっくり腰を繰返す時
筋肉を操作する
脳や神経系を整える事が
必要です

次は具体的に説明します



繰返す理由

ぎっくり腰を繰返えす
理由は二つあります

・脳の誤作動
・神経の誤作動

出来るだけシンプルに
説明しますので参考にして
下さい


脳の誤作動

脳の誤作動

・脳の誤作動

ストレス過多になると
脳が緊張状態になります

それが長期化すると
筋肉も過緊張になり
痛みにつながります

緊張すると体が硬くなる
経験がだれにでもあります
あれも一種の誤作動です


神経の誤作動

神経系の誤作動

・神経系の誤作動

脳が命令を
出していても
神経系が伝達しないと
筋肉が縮んたり緩んだり
する事は出来ません

神経系の伝達不備が
起こると脳からの命令が
伝わりにくくなり
筋肉が固まり
やすくなります



ぎっくり腰の施術

あなたは繰返す
ぎっくり腰の
結果に対処しますか?

それとも原因に
対処しますか?

ハートカイロでは
原因に対応した

脳へのアプローチ
詳しくはタッチ
心身条件反射療法

神経系のアプローチ
詳しくはタッチ
アクティベータ療法

この二つで
クライアントの
ぎっくり腰を
根本から解決する
施術を行います



このような方にお勧め

画像の説明
繰返しているぎっくり腰の
痛みを軽減したい
再発防止をしたい
そして快適な人生を送りたい方



全体を見て痛みを軽減

ぎっくり腰Q&A

シンプルに解答します

最初1日~2日は
状態をみますが

出来るだけ普段の
生活を無理しない
程度に送って下さい

いつまでも安静に
するとその後経過が
良くない事が
分かっています

世界の腰痛ガイドライン
でも3日以上の安静は
良くないとされています

日本の腰痛ガイドライン
では牽引による
エビデンスは低いと
あります

よって機械での
牽引はお勧めしていません

しかし人が軽く
牽引して揺らすような
低刺激で心地よければ
行ってもいいと思います

患部が熱感や痛みが
強い場合は最初
冷やしてもいいですが

少し引いたら温めて
栄養と酸素を筋肉に
送って下さい

冷やし過ぎに
注意して下さい

筋肉が硬くなり
シビレが起きる事が
ありますが

念の為に整形外科での
検査が無難です

もし排尿・排便障害が
あれば早急に医師の
検査をお勧めします

ハートカイロでは
医療機関との連携が
社会的貢献に
つながると考えています

温湿布・冷湿布
どちらでも張った時に
気持ちが良ければ
どちらを貼って
頂いてもいいと思います

ただし炎症鎮痛剤は
血流を遅するので
回復を遅らせる
可能性があります

1日張って
効果を感じなければ
カイロなどで温める
シャワ―をいつもより
長く1分~2分集中的に
温めて栄養と酸素を
患部に届けてあげて下さい

補足

どちらでもいいと言うのは
人間はプラセボという
自分で治る力を
持っています
シップが気休めと
思っている人は
温めた方がいいですが

私は効くと
思っている人は
毎日はるような
依存をしなければ
プラセボを発揮させる
スイッチとして
活用してもいいと
思います

それはリラックスする
音楽を聴くのと同じです

依存にだけご注意下さい

ぎっくり関連ページ

ぎっくり腰緩和の期間
冬のぎっくり腰
なぜ急なぎっく腰に?
ぎっくり背中

地図

地図動画

a:3361 t:3 y:5