全身の痛み

梨状筋症候群の症状

・歩くとお尻から
 足にかけて痛くなる

・長時間立った
 ままでいると足が
 痛くなる

・座るとイスに
 当たる部分が
 だんだん痛くなる

・お尻や足が痛くて
 前かがみができない

・立上がる時に
 お尻や足が痛む

梨状筋症候群とは?

坐骨神経痛の原因の
一つといわれている
梨状筋症候群
説明をします

梨状筋症候群とは
臀部下の筋肉が異常に
硬くなる事で坐骨神経が
圧迫され痛みやしびれを
出すと言われています

もし整形外科に行き
変化に乏しい場合は

神経の圧迫は関係ない
可能性があります

では他の原因は何か?

その他の原因として
考えられるものを
紹介します

梨状筋が
硬くなっている

梨状筋

もう一つは
筋肉の異常な
凝りが原因とされる
トリガーポイントです

トリガーポイントとは
運動や負担のかかる
姿勢で筋肉が硬くなり
痛みを感じます

通常のコリや重だるさ
だけではなく拘縮で
血流が悪くなって
局所的な痛みを
発生させます

梨状筋症候群の
アプローチ

梨状筋は
深部の筋肉なので

ほぐしても筋肉が
柔らかくなりにくい
場所です

かと言ってあまり
グイグイほぐすと
表面の筋繊維を痛めて
揉み返す場合があります

局所的な筋肉の硬結は
アクティベータなら
瞬間的に深部の筋肉に
圧を加えて緩める事が
可能です

マッサージのように
皮膚表面の負担も小さく
安全です

痛みのぶり返し

神経と筋肉の流れ

施術を受けても
すぐにぶり返す方がいます
なぜでしょうか?

その理由として
筋肉を操作している
神経系のバランスが悪い
可能性があります

分かりやすく言うと
神経系に元気がない状態です

神経は脳の命令を
筋肉に伝える
電線のようなものです
神経系に元気がないと
脳の命令が筋肉に
伝わりにくく
固まりやすくなります

アクティベータでは
脳の命令を伝わりやすく
する為に神経系の
伝達機能を良くして
筋肉を固まりにくくします

a:16 t:2 y:2