整形外科病院

整形外科に
行く前の予備知識

このページでは整形外科の
視点を説明しています

整形外科に行く前に
チェックして
予備知識として
活用して下さい

このような状態ですか?

坐骨神経痛階段

・いつもお尻に痛み
 しびれがある

・太ももの外側やふくらはぎ
 かかとなどに痛み
 しびれがある

・足が激しく痛み
 少し歩くと歩けなくなる

・安静にしていてもおしりや
 下肢が激しく痛んで
 眠れない

・下肢痛だけでなく
 腰痛がある

・体をかがめると痛くて
 靴下をはけない


坐骨神経とは?

坐骨神経痛わかさ
(資料わかさ2015年8月号)

坐骨神経は
太ももと足の(下肢)の
筋肉を支配している
神経です

その神経は脳からの
命令を伝えています

具体的には歩いたり
体のバランスをとる
などの働きです

その為、坐骨神経痛に
障害が起こると
歩行困難になると
言われています

坐骨神経痛を詳しく

坐骨神経痛は
正確には病名ではなく
症状をさします

そして以下のような病名で
上記のような症状が出ると
言われています

腰部脊柱管狭窄症

腰痛椎間板ヘルニア

又以下整形外科では
以下の点を注意して
検査を進めるようです

足の血管がつまる
  閉塞性動脈硬化

子宮ガン・前立腺ガン


坐骨神経痛の3
タイプあなたはどれ?

整形外科では坐骨神経痛の
痛みの出方を3つに分けています

後屈障害型坐骨神経痛

(狭窄型)
腰を後ろに
そらすことができない

後ろそらしの姿勢が
腰痛を悪化させる

前屈障害型坐骨神経痛

(ヘルニア型)
腰を前に曲げると痛む
前かがみの姿勢が
腰痛を悪化させる

合併型

前に曲げても後ろに
そらしても下肢痛が増強する

坐骨神経痛の原因

整形外科が考える
坐骨神経痛の原因
広く引き出すと
以下になります

青い文字を
タッチで詳しく
説明しています

腰部脊柱管狭窄症
  (変性すべり症を含む)

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎分離症・分離すべり症

変形性腰椎症(変形性脊椎症)

脊椎・脊髄腫瘍(ガン)

骨盤内の腫瘍(ガン)

梨状筋症候群

整形外科での
坐骨神経痛の多くは
脊柱管狭窄症か
腰椎椎間板ヘルニアが
中心と言われています

この場合は整形外科へ

以下の場合は
整形外科で精密検査を
受けて頂く事を
お勧めします

急激な痛みがあって
排尿や排便ができない時

巨大な腰椎椎間板ヘルニアや
腰部脊柱管狭窄と合併した

ヘルニアが馬尾神経を
圧迫して炎症が起きたり
馬尾に腫瘍ができている
事が考えられます

またじっとしていても
痛いさらに痛みが増す

化膿性脊椎炎などの
重大な疾患が原因の
場合もありただちに

整形外科の診察を
受ける必要が
あるとされています

背中をほとんど動かせない
ほど脊椎がかたくなっている

腰の患部を軽くたたくと
痛む(叩打痛)がある場合は

脊椎にガンが転移していたり
細菌に感染して脊椎炎を
起こしている場合があります

こういう時は
ガンそのものが
発祥したものは少なくほかの
臓器や骨などから転移した
可能性が高いとされています

病院の検査で
重症な症状は
該当しなかったが
痛みやしびれで
お困りな方はご連絡下さい

関連ページ

a:944 t:4 y:1