坐骨神経痛が長引く方の特徴

坐骨神経痛が長引く人の特徴

ここでは私が臨床の中で
坐骨神経痛や痛みが1年以上
長引く方の特徴を箇条書きで説明。

主にその内面に焦点を当ててます。

ご家族の方やご友人の方などに
参考になればと思い作成しました。

集客への影響を考えて
普通は配信しない整体師が避ける
ような暴露的な要素もあります。

誤解がないようにお伝えしますが
個人を非難する意味ではなく
痛みがもたらす性格や行動の変化を
お伝えしています。

気分を害した時は申訳ありませんが
閲覧を中止して下さい。


痛みが長引く6つの性格

痛みは性格を変化させ
悪化させる場合があります。
以下はその例になります。

[check]異常に涙腺が弱く
感情のコントロールが出来ない。

精神状態が不安定で
悪い事にフォーカスする。

[check]毎回同じを言う。

実は毎回、同じ事を言っているが
本人はその事に気づいていない。
    
[check]参考本を紹介しても読む気がない。

無料で本貸出しており
慢性痛の本を提案しても読まない。

[check]長引く痛みへの怒りが強い

自分の肉体への感謝が困難
良い面に視点が行かない。

[check]ドクターショッピングをする

私は何十箇所も色々な所に
行ったと何度も力説する
受けた治療内容を聞くと
たいした事なかったと返答するが
どんな施術だったか答えられない。

[check]痛みが無かった自分と毎日比較する

過去の自分と今の自分を
比較しすぎる為に
余計に怒りや悲しみに縛られる。
例えば、子供頃掛け足が
一番だった自分と
数年続く痛みがある自分を
戦わせている。

今の自分を容認できないので
より痛みに意識を奪われ
痛みのループから出れない。

痛みが長引く9個の言葉

性格の一部を表すのはその方が使う
言葉です。言葉は言う事で脳で
再認識されます。記憶する時に
言葉にして覚えた経験がないでしょうか?

[check]長引く痛みから毎回、死にたいと言う

毎回言う場合は、うつの傾向の可能性有り。


[check]治りますか?と毎回聞く

治らないという不安が強い
不安から痛みをより感じやすくなっている。
治してもらうという意識が強い。


[check]私を治したら宣伝してあげると言う

毎回言う場合はどこかで、
宣伝してあげるから治してほしいいと
依存心が強い傾向がある。


[check]私よりひどい人いますか?が口癖

被害者意識が強い傾向がある
怒りや不安が強い。


[check]私を見る事で勉強になるでしょと言う

施術者を試すような言葉が時々出る。
どこかで治してみせなさいという
意識がある。痛みがある事が
優越感につながっている事がある。


[check]私は患者のプロと言う。

治る為に自分に何が必要かではなく
治らないプロ宣言をする。
治るプロになるとは言わない。
無意識に患者でありたいと
思ってる可能性がある。

[check]痛み探しをしている

施術後に立った時に
不意に来る痛みでななく
痛みを感じるのに1秒から
2秒間がある。

その場合は無意識に痛みを探している
または思い出そうとしている
可能性がある。

[check]具体的に痛む場所を聞くと返答に困る

通常、手にケガをしていれば手が痛み
足をケガしていれば足が痛む
痛い痛いと言いながら
具体的な痛みの場所が分からない。
痛い痛いと訴える事が主訴に
なっている場合がある。

[check]依存心が強く自分で何かをする気がない

痛みを訴えるが具体的に
自分で何かをする様子がない。
痛みでやる気が出ない事が悪循環に
つながっている場合がある。

そうした場合はこちらが
アドバイスしても行動化が難しい


痛みが長引く4つの環境

性格と環境が合わさりが
痛みが強化される場合があります。
悪い環境は性格にも影響を与え
痛みに変化を与えます。

[check]仕事上のストレスがある。

[check]家族に不満がある又不和がある。
ストレスを抱えている。

[check]1人暮らしで、話し相手が少ない。

[check]高齢者で軽度の認知症がある。

参考ページ
慢性痛と認知症の秘密とは?

まとめ

以上痛みが長引く方の特徴を
ご紹介しました。

痛みは個人の性格を大きく変える
危険性があり、その為できるたけ
早めの対応が、大切です。

もともとの性格が
受身やマイナス思考の場合
痛みの慢性化は加速する
可能性もあります。

ご家族やサポートされている方は
あらかじめこの情報を知っていると
客観的に対応でき個々に応じた
解決策を見い出せるのではないかと
考えて配信しました。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。


坐骨神経痛の豊富な情報


a:171 t:1 y:1