坐骨神経痛で整形外科に直ぐに行く必要があるケース

坐骨神経痛も腰痛の一つですが
整形外科に早く行かれた方が良い
ケースをご提案したページになります。


腰痛ガイドブック



本名 腰痛ガイドブック
著者 長谷川淳史
出版社:春秋社

緊急性が高い状態を
レッドフラッグと言います

必ず重大な病気が
隠れているわけではありませんが
整形外科で画像検査や血液検査
を受ける事を推奨されています。
(レッドフラッグは全体の0.04%)

それではレッドフラッグの
可能性がある腰痛(坐骨神経痛)を
本から引用します。

p.39

レッドフラッグ

[check]発症年齢が50歳以上

[check]徐々に痛みを感じるようになった

[check]ひどいケガをしてから腰が痛い

[check]絶え間ない痛みが徐々に強くなっている

[check]がんになったことがある

[check]全体的に体の調子が悪い

[check]原因不明の体重減少がある

[check]胸が痛い

[check]糖尿病がある

[check]腰の手術を受けた事がある

[check]尿道カテーテルの留置

[check]静脈注射の濫用

[check]HIVポジティブ

[check]尿路感染症になった事がある

[check]腎炎・膀胱炎・尿道炎

[check]ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)

[check]免疫抑制剤を使っている

[check]背骨を叩くと激痛がある

[check]からだが変形している

[check]熱がある

[check]腰が硬くて前屈できない状態が
三ヶ月以上続ている。

[check]尿が出ない、便失禁がある、肛門や会陰部の感覚がない



上記が直ぐに整形外科に
見て頂く事をご提案した内容になります。


坐骨神経痛の豊富な情報提供

a:307 t:1 y:1