ストレスによる睡眠不足

ストレスによる睡眠不足

睡眠が人間にとって
一番の休息である事は
誰でも知っています。

・心と体の回復
・記憶の整理
・成長ホルモンの分泌

睡眠という休息が
明日の活力を充電して
くれています。

睡眠時間には諸説あり
一概に何時間と言えません
ただ人間には体内時計があり
そのリズムの乱れは自律神経の
乱れにもつながる
可能性が出てきます。

周知のとおり自律神経とは?

・交感神経
(活発に動く時に優位)

・副交感神経
(休む時に優位)

の二種類があり
健康を維持するにはこの
自律神経のバランスが大切です。

睡眠不足になる時

最初の入眠ができない
入眠ができても目が覚めて
その後、寝る事ができない
などがあります。

体のリズムが乱れる理由の一つに
無意識のストレスがあります。

自分で気づいていれば
対策を行う事ができます。

しかし無意識の
ストレスは自分では
気付かない為に

もやもやとして
蓄積される事になります。

当院では
無意識のストレス調整をして
睡眠不足の緩和の
サポートをしています。

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法


a:6 t:1 y:0