ニュージーランド腰痛ガイドライン
腰痛が慢性化する原因を詳しく説明します

これは、ニュージランドの腰痛ガイドラインの内容です

広い視野で腰痛対策に取り組みましょう

腰痛に対する不適切な態度と信念

●腰痛の害に対する思い込みが強かったり
 痛みに対する過度の恐怖心から、極端に痛み
 を回避するための行動をとり続けている

●痛みが完全に消えなければ日常生活や仕事には戻れないと考えている

●日常生活や仕事を行うと痛みが強くなると信じ込んでいて
 元の生活に戻るのが不安である

痛みを消すのは

難しいと信じ込んでいる


不適切な行動

●腰に悪いからと日常生活において様々な、作業、動作
 すること避けているため、運動不足である

●痛みを0から10の尺度で例えた場合10を超える
 ような極めて激しい痛みであると大げさに表現してしまう

●治療者や医療機器に対する依存心が強い

●腰痛を発症してからあまりよく眠れない

●腰痛を発症してからアルコールやサプリメントなどの摂取量が増え続けている

●タバコを吸う習慣がある


補償問題

●経済的に困窮しておらずお金のために職場復帰する必要があまりない

●生活保護(所得保障)や医療 費の問題でトラブルがありその解決が遅れている

●腰痛以外の傷害や痛みの問題で補償請求をしたことがある


診断と治療の問題

全て医師まかせの"受け身"な治療を続けているうちに治療への

依存心が強くなり腰痛がさらに悪化している


感情の問題

●抑うつ状態があり特に長期間にわたる気分の落ち込み楽しいと
 思えることがない通常よりも、とても怒りっぽくなっている

●不安が強くて身体感覚が過敏になっている

●パニック障害も含む自分は役立たずで誰にも必要とされていないと感じている


家族の問題

●配偶者や親族などの身近な人が自分の腰痛に対して過保護である

●あるいは痛みに対する恐怖心をあおったり絶望的な気持ちにさせたりする
(たいていは善意からのもの)

●仕事を代わりにしてくれるなど配偶者やパートナーが熱心に気遣ってくれる

●無視したり欲求不満をぶつけたりなど配偶者や
 パートナーからひどい仕打ちを受けている

●さまざまな問題について語り合える相手がいない


仕事の問題

●仕事は腰にダメージを与え危険で有害なものだと信じ込んでいる

●非協力的で不幸な職場環境で働いている同じ姿勢をとり続ける休暇が取れない

●勤務時間やスケジュールが不規則などからだに
 対する負荷や負担が強い仕事をしている

●職場復帰する際軽い仕事から始めたり
 段階的に勤務時間を増やすことが許されない

●腰痛に対する会社側の対応で嫌な思いをしたことがある

●腰痛になったことを報告するシステムがない


このように腰痛は

心理状態と生活環境と密接につながっています

当院はこのような事を踏まえて
カウンセリングにも力を入れています
施術同様にお聞きしますので
お気軽にご相談下さい

地図

営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

携帯電話お悩み


メールは24H受付中

ご希望の日程・時間を
第2希望まで入力下さい
緊急時に備えて電話番号の
入力をお願いしております

a:287 t:1 y:0