痛み 神経細胞

腰痛と神経

長引く痛みやしびれ腰痛に限らず

肩こり坐骨神経痛、膝痛、足底筋膜炎などで多くの方がお悩みです


最初の痛みしびれの原因はなんでしょうか?


怪我(スポーツ・交通事故)
外傷で外部の衝撃からの痛み


過労から来る疲れ
同じ筋肉を何度も繰り返し使う(過度なトレーニング・スポーツ)
同じ箇所の筋肉を長時間使う(猫背や長時間のデスクワーク)


人間関係でのストレス
仕事での上司、部下の関係家庭環境の問題(夫婦・兄弟)自律神経がアンバランス


このような理由が複雑に重なっている時慢性的な腰痛になる事が少なくありません

腰の痛みをキャッチするにはポリモーダル侵害受容器という
神経細胞に痛みの信号が送られます

腰痛に限らずポリモーダル侵害受容器は皮膚や筋肉や
関節内臓までに分布されており

受診して脳に痛みの信号を送っているのです
今回はポリモーダル侵害受容器をシンプルに分かりやすく説明してみます


ポリモーダル侵害受容器とは?

痛み 神経細胞

ポリモーダル侵害受容器は痛みの情報を脳におくる痛みのセンサーです

慢性的な痛みが長引くとポリモーダル侵害受容器の

感受性が上り普段なら痛いと感じない刺激でも痛みを感じやすくなります

つまり痛みに過敏になるという事です

例えばきらいな食べ物ではにおいも駄目など過剰に反応する場合があります

又苦手な人とは同じ場所から離れる過剰反応など
過敏になる経験がないでしょうか?

これらが痛みにも発生しその仕組みは、くり返えされる

痛みから、痛みのセンサーポリモーダル侵害受容器の

感受性つまり感度が上がった事が原因です

専門的にいうとこれを

末梢性感作といいます

この末梢性感作

脊髄の神経細胞をより興奮させ痛みが増します

a:139 t:1 y:0

地図


営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

電話HP顔
福岡で腰痛、坐骨神経痛でお悩みの方はご相談下さい