腰痛と日記の関係

腰痛と日記の関係

慢性的な痛みで
なかなか軽減、緩和しない場合に
ある効果的な方法があるのを
ご存知ですか?

お金も必要ありませんし
1日5分程度で終わります
それは?

認知行動療法の一つである
日記をつける事です

認知行動療法が腰痛に
効果をもたらす事は
腰痛学会も認めています

日記が良い理由は
自分自身を客観視できます

認知行動療法で
最初に注目する視点は

さまざまな事柄に
対して最初にキャッチする認識

自動思考と言われるものです

自動思考とは?

痛みの記憶

それらは

・もともとの性格
・積み重ねた経験
・外部環境(社会)
・内部環境(家庭)

などから作くられます
自身が無意識レベルで
感じ認識する思考の
成り立ちです

だからと言って
自動思考自体は
悪いものではありません

なぜなら
コミュニケーションを
円滑に図る上で
相手の考えを察知する
事にもなります

問題はその自動思考が
過剰に働き、現実よりも
歪んだとり方になる事です

過剰に歪んだ自動思考は
・過剰な恐怖
・過剰な怒り
・過剰な罪悪感など
心身を疲れさせる
ストレスとして蓄積されます

このような
歪みを日記により
自動思考を山の頂上から
眺めるようにふかんします

そうする事で
頭を柔軟な考え方
生きやすい思考に
再認識させていきます

無くて七癖ではありませんが
人は誰しも思考の癖
行動の癖があります

これを別の言い方で

・その人の個性や
・ライフスタイルや
・習慣といったりもします

良い習慣は良いのですが
悪い習慣が蓄積されれば
心身がエラーを起こし
不調を生みます

認知行動療法の一つである
日記は腰痛対策として海外でも
エビデンス(科学的根拠)の
高い治療の一つです

記入方法としてはシンプルで
よいと思います

~しなければ

~やらなければ

という義務感はやる気として

貴重なものです

しかし体調不調が慢性化するの
であれば意味がありません

*出来る限りやる
 出来ない時は読み返すでも
 いいと思います

日記はシンプルが一番です

日記

例としては

・出来事
・自動思考(思う事)
・倫理思考(ふかん)

・相手に批判された
・相手は自分が嫌いだ
・よくよく考えてみると
 相手は部分的に言っただけで
 全てを否定したわけでない

・気にしすぎたかもしれない

日記と腰痛

結果:ストレスが緩和

短文で毎日の
歪みのできた心のボールを
丸い適度な柔らかさを持つ
ボール(心)に変化させていきます

腰痛対策に日記を活用する事で
しなやかな健康を作って
いきましょう

心身条件反射療法

慢性的な痛みしびれは
無意識レベルでストレスが
関与している場合があります

ストレスが痛みと
つながっている事は
医学的にも証明されています

当院ではメンタル面からの
痛みしびれを緩和
軽減する施術を
行なっています

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法小


地図

営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

携帯電話お悩み


メールは24H受付中

ご希望の日程・時間を
第2希望まで入力下さい
緊急時に備えて電話番号の
入力をお願いしております

a:16 t:2 y:0