腰痛と仕事依存症

腰痛と仕事依存症

英国サウサンプトン大学David Coggon 教授を

中心とした国際的研究結果では週労働時間が60時間以上で

腰痛を引き起こす危険因子であると発表しています


週労働時間が60時間とは週休2日として1日平均で12時間働く事になります

あるいは残業や休日出勤も含まれます

状況としては仕事に対しての思いが強く平日は残業、休日も出勤する

たまにならいいのですが当たり前になっている状態です


これをワーカーホリック仕事依存症といいます


完璧主義や責任感が強い仕事へのプライドが強く仕事の分散が苦手

自分のエネルギー管理が不得意などが考えられます


2013年の東京大学精神保健学分野と労働安全衛生総合研究所の

共同研究ではワーカーホリックにより過去1年間に腰痛で支障を

きたした人はそうでない人と比較して2倍近く多いと発表しています


ワーカーホリックは自己の意思により仕事への過剰な執着心が継続した結果

心身共に疲れ果て腰痛や心臓病また最悪、過労死までにつながります


このような場合外部的なサポートが必要です

またワーカーホリックの特徴として自発的に仕事に取り組んでいるので

ストレスの認識が薄くまたストレスはないと思っている場合もあります

このような状態が自体を悪化します


疲労の緩和とストレスの緩和がワーカーホリックの課題だと私は考えます

病院、代替医療など外部的な対策と仕事環境の改善など内部的な対策が

結果的には良い仕事長期的な仕事への取り組みを可能にしていきます

慢性的な腰痛の場合仕事依存症ではないか考えてみる事をお勧めします


心身条件反射療法

当院では脳の誤作動に注目します

慢性的な痛みしびれは無意識レベルでストレスが関与している場合があります

ストレスが痛みとつながっている事は医学的にも証明されています

当院ではメンタル面からの痛みしびれを緩和軽減する施術を行なっています

複雑に絡んだ痛みの糸をゆるめていきます

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法小


地図

営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

電話HP顔


メールは24H受付中

ご希望の日程・時間を
第2希望まで入力下さい
緊急時に備えて電話番号の
入力をお願いしております

a:67 t:1 y:0