長引く腰痛の原因

皆さんは長引く腰痛の原因の一つが

心因性腰痛症である事を知っていますか?


ストレス、不安、鬱(うつ)などで腰痛になる状態をいいます。

日本整形学会の腰痛受診ガイドラインでも腰痛の原因に

メンタルが深く関与しているエビデンスを出しています


腰痛の原因は複数

腰痛とストレスの関係

西洋医学では、腰痛の筋肉や骨椎間板、神経が問題があると考えます

その腰痛検査もレントゲンやMRIつまり画像診断が中心です

異常のある箇所を探し「骨に原因があります」と診断を下します


目に見える異常がない場合は腰の筋肉疲労によるものだというのが主流です

しかし最新では腰痛の原因はもっと多彩で複雑である事が分かっています

とくに特に最近注目されている精神的ストレスによる痛みについて説明します


複数の身体的・精神的な要因が複雑にからみ合っていると何が直接の

原因となって痛みが起きているのか特定するのが難しくなります

しかしできるだけシンプルにまとめていきますので少しずつ読み進めて下さい


腰痛の85%は原因不明

腰痛の原因は複数

腰痛の85%はレントゲンやMRIで異常が見られず原因を特定できずにいます

こうした原因不明の腰痛のことを医学的に非特異的腰痛といいます

・腰の筋肉疲労

・腰の捻挫

・ぎっくり腰も

非特異的腰痛です

近年の研究結果から非特異的腰痛の3分の2

(腰痛全体の約半分)には多かれ少なかれ、ストレス不安、鬱(うつ)などの

心理・社会的要因が関与していることが分かっています

心の問題が関わっている腰痛は心因性腰痛症と呼ばれます


MRIとレントゲン検査

MRIとレントゲン検査

レントゲンやMRIでヘルニアが確認されても痛みが

出る人と出ない人がいる事が整形医ですでに分かっています

テレビや本などで情報提供されておりご存知の方も多いと思います


では何が原因か?


その原因は心理社会的な要因ストレスが関与しているとあります

なぜストレスで腰が痛いの?ストレスで腰が痛いわけがない


ストレスは無関係だとかたくなに否定する人がいます


しかしストレスや心理的負担が要因で

胃炎や胃潰瘍など痛みを起こすもの事実です

考え方やとらえ方の癖が体調に悪影響を与えているのです


ストレス蓄積④つの問題

福岡 腰痛 ストレス

①痛みを抑える働きが弱まる

体の組織が損傷した時痛みの信号は神経を伝って脳に伝わりますが

人間の脳にはこの痛みの信号を抑制するシステムが備わっています

このシステムを下行性疼痛抑制系といい

普段の生活で疲労性の痛みが発生した時に

これをブロックして痛みを和らげてくれます


健康な人はこのシステムが正常に機能してくれている

おかげで小さな痛みは感じずに済みある程度

大きな痛みでも生活に支障がない程度に抑えられています


ところが長期間ストレスや不安のある状態が続くとこの痛みを抑える

システムがうまく機能せず痛みを実際以上に強く感じるようになります

例えば、腰の疲労感重だるい感じが普段なら痛みとして

認識しないものが大きな痛みに変わったりします


また、ストレスの蓄積は体の様々な機能をコントロールする

自律神経のバランスの崩れも引き起こします

自律神経が過敏になると痛みを感じるセンサーが

強く働くようになり少しの症状でも強い痛みを感じるようになります


②臓器への影響

ストレスがたまると胃炎や胃潰瘍なる人もいます

過剰なストレスは心身に悪影響を与えうつ病などの

精神的な病気だけでなく内臓の病気や生活習慣病の

発症にも大きく関係しています


「内臓の病気、身体の病気」

ストレスが原因でおこりえる病気

胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃下垂・胆石症、胆嚢炎、大腸がん

腹部大動脈瘤・帯状疱疹・骨粗しょう症・月経困難症、月経不順

などが上げられます


③自律神経失調症

強いストレスの影響で自律神経のバランスが

崩れると腰痛の他様々な症状が出でます


自律神経は体の機能を調節する神経で全身に張りめぐされ

呼吸、体温、内臓発汗の動きなどを調整しています

自律神経には、二つの機能があります


「交感神経」

体を活発に動かして心身が緊張した時(ストレスがかかる時)に優位に働きます

「副交感神経」

休憩したり眠気を感じたりと心身がリラックスしている

時に優位に働きます


この2つの神経がバランスよく働くと健康な状態が保たれます

ところが仕事や家事で頑張りすぎてストレスをため十分に休息も取らない

状態が続くと自律神経のバランスが交感神経にばかり傾いてしまい体の

あちこちに不調が出てきます


④生活習慣病

人は、心身に大きなストレスがあるとそれを

解消しようと暴飲暴食や過度の飲酒・喫煙に走りやすい傾向があります

生活習慣が乱れ運動不足も重なると肥満につながります

ここに更にホルモンや自律神経のバランスの崩れも加わり

糖尿病、心臓病、脳卒中、高血圧、内臓脂肪型肥満などの

生活習慣病が発症します


繰返す痛みの記憶

痛みの記憶

繰返す痛みの記憶で脳が過剰に痛みをつくり出す事があります

人が頭の中で強く想像したり思い込んだりした結果が実際に

体の反応として痛みを感じます


例えば、テレビでとても痛い場面を見たり過去に自分が

痛い思いをした場面を強く思い浮かべたりすると再現されます

他にもレモンをイメージすると唾液が分泌されるように

条件反射的に体が反応するよう事は容易に想像できます


これは脳で記憶をする

「海馬」という部分と


恐怖などの感情を認識する

「扁桃体」という部分に

密接な関係があり互いに影響しあい痛みを

感じている事が脳の研究で分かっています


そして不安やストレスなど心に大きな問題を抱えている

人ほどこの作用が強まる傾向があります

痛みに意識を集中したり必要以上に恐れるほど

より痛みを感じやすくなります

そうして発生した痛みが更なるストレスとなり

痛みをより強く感じるようになります


痛みのために家にこもりがちになりますするとますます

痛みにばかり気持ちが向いてしまう悪循環に入ります

こうした理由から過去につらい腰痛を経験し

さらに心の問題を持つ人ほど腰痛が

再発しやすく慢性的な腰痛になりやすくなります


心因性腰痛 の特徴

腰痛女性HP用

ストレスや不安などの「心理・社会的要因」が

絡んだ腰痛には以下の様な特徴が見られます


腰のMRI・レントゲン画像に異常がない

鎮痛薬もあまり効かない手術をしても痛みが消えない

腰だけでなく頭、首、肩なども痛んだり肩こり、不眠・胃の不快感

吐き気、動悸など全身の不調がみられる

痛む箇所、痛み方、痛みの大きさが変わる

日によって痛む場所が移動することが多い

痛み方が変わる・重苦しい・ズキズキ・チクチク

姿勢や動作に関係なく痛みが出る

ストレスが大きくなる時に痛み始める


腰痛は一般的に一日腰を動かして疲労がたまる夕方頃に

痛みが強まる傾向があるがうつの症状は朝から午前中にかけて

症状が強く現れ、午後から夕方にかけて和らぐ腰痛も
 
それに連動して起こるため朝方の腰痛が多くなる


こうした特徴が多く当てはまるほど腰痛に心理的要因が

関わっている可能性が高いです


海外の慢性腰痛情報

海外の腰痛情報

EUが2004年に発表

[慢性腰痛の治療ガイドライン」によると慢性腰痛の患者の1/3に

痛みの原因として「強いストレスなどの精神的問題」

「うつ症状」「薬物乱用」の関与がみられたとデーターがあります

また、慢性腰痛の患者の約80%にうつ病に

なりかけの状態が確認されたとの報告もあります


これは、ストレスなどの心の問題が腰痛を長引かせる

大きな要因となるからです慢性化のカギはストレス

急性腰痛の90%は自然に治るといわれます


ぎっくり腰程度なら1~2週間その他の

腰痛でも1ヶ月もすればたいぶ良くなります

しかし残りの10%は腰痛が3か月以上続き慢性化してしまいます


心因性腰痛と環境

心因性腰痛と環境

心因性腰痛はストレスや不安などの心理的社会的要因を持つ人に発症します

仕事の内容や収入に対する不満がある

仕事が忙しく休みが少ない労働時間が長い、夜勤が多い


家庭環境

家庭内で人間関係がよくない

夫婦仲が悪い

嫁姑の問題、子供の反抗

子育てや受験に対する悩みや不安がある

子供の頃に肉体的精神的、性的虐待を受けていた


職業環境

職場の上司や同僚との人間関係がよくない


心因性腰痛の心理状態

腰痛が悪化する心理状態

腰痛が長期化した方の特徴です、少し思い当たる方は参考にして下さい

医療に対して不信感が強い(医療不信)

すぐに治療の効果が出ないと満足しない
 (1回で結果を求める)

短期間で病院を転々とする

腰を過保護にしたり安静にしすぎている

腰に悪そうなことは避け趣味など好きなこも我慢している

痛みのことばかり意識し考えている

自分の腰痛に悲観的になっている

痛みが完全に消えないと治ったとはいえない

普通に動けるのに死ぬほど痛いと過剰な表現を使う


性格的な特徴

悩みを抱え込んでしまう

神経質で些細な事を気にしてしまう

他人の評価や人目が気になり緊張しやすい
(自意識過剰)

生活環境や気候の変化があると体調を崩しやすい

完全主義やこだわりが強い

短気でイライラしやすい

悲観的で小さなことでクヨクヨしやすく



鬱(うつ)の症状がある

鬱と腰痛

不眠症

精神疾患である「うつ病」やうつになりかけの

「抑うつ」状態の人に腰痛がみられる場合その多くが心因性の腰痛です

以下の症状に多くあてはまる人ほどうつ状態になっている可能性が高いです


なかなか眠れない

目覚めるのが早い

眠りすぎてしまう「過眠」がある

しばしば憂うつな気分になる

何事に対しても興味がわかず

やる気が起きない(無気力・無関心)

理由もなくイライラする

焦りを感じたり泣きたくなったりして感情が抑えられない(情緒不安定)

正常な判断ができなくなる

人の話を理解できない傾向

伝えたいことをうまく表現できない(言語障害)

突然異常な行動をとることがある

食欲や性欲がなくなる

こうした症状の強さが時間帯によって変わり特に朝がつらい


心因性腰痛症で重要な問診

心因性腰痛で重要な事

「当院が問診でお聞きする事」

職場や家庭における悩みやストレス

うつ病が疑われる症状

長期にわたる慢性的な腰痛

腰痛以外の症状

医療不信

痛みに対する悩みやこだわりが深い



  
心因性腰痛はストレスなどの心の不調が原因の為

画像検査では腰に異常が見つからないことが多く

腰の疲れによる痛み(腰痛症)などと誤って診断されてしまいがちです

画像検査で何らかの異常が見つかったとしても

痛みの根本的な原因ではないため異常箇所を治しても痛みが収まらず

原因不明の腰痛とされてしまうようなケースが多いのが実情です


心因性腰痛を正しく診断するのに重要なのは「問診」です

腰や足の痛み方痛む箇所、痛む時間帯、痛み始めたきっかけ

どんな姿勢をとると痛むのかまたは和らぐのか痛み以外の症状

これまでの病歴など事細かく確認して原因を段階的に絞り込みます

心因性腰痛の治療には不安やストレスの元が何であるかを見つけ出し

原因を取り除いていく事が大変重要です


当院はストレスやメンタル面の問題を患者様と一緒に

解決する為に心身条件反射療法という施術を行なっています

↓詳しくはこちら↓
心身条件反射療法



腰痛をもっと詳しく

腰痛を慢性化させる原因

腰痛と神経

腰痛と生活習慣

腰痛と失感情症

腰痛とストレスの関係

腰痛と脳の関係

腰痛と心理的な関係

腰痛と自律神経の関係

腰痛と日記の関係

腰痛と仕事依存症

腰痛の危険信号

整形外科の腰痛診断

腰痛Q&A

慢性痛の心と体の状態

慢性痛の解決策

ストレスの解消方法

a:124 t:1 y:0