脊椎分離症と脊椎すべり症

「腰椎分離症」

椎弓と呼ばれる部分に亀裂が入る症状で
第5腰椎に起こりやすい。

成長期に激しいスポーツをする
ことなどで起こる一種の疲労骨折では
ないかといわれています。

そのため、発生時期は
成長期であると推定されています

症状としては、腰痛及び
臀部の痛みが多く
運動時 ・ 労作後に
痛みがでたり悪化したりします

分離症の内、およそ4分の1が
腰椎すべり症に移行するといわれます


「腰椎すべり症」

多くは第5腰椎に起こり
仙骨の上を前方
(まれに後方)にすべる症状

つまりは、第5腰椎がお腹側
(まれに背中側)
に向かってずれる現象です
うつぶせで見ると
第5腰椎が引っ込んで
陥没したようになるわけです

すべり症は、腰椎分離症を
ともなうことが多いとされています。

腰痛や殿部の痛みが徐々に
起こって来ることが多く
運動時に痛みが悪化します

a:141 t:1 y:0