画像の説明

厚生労働省が実施した国民生活基礎調査において

2番目に多い肩こりは国民を悩ませる症状の一つです


肩こりの社会的原因


現代社会ではずせないパソコン作業

それにともなう不良姿勢持続

長時間の作業性疲労(工場や立ち仕事)

生活習慣の乱れや運動不足


これらが伴い筋肉が過剰に緊張し肩こりを発生させます

主な肩こりに関わる筋肉を3つご紹介します

僧帽筋

僧帽筋

この筋肉は人間の上半身の広範囲にひろがり背中から首まで伸びています

PC作業で猫背が長いと全体的に重だるさ痛みにつながります


HP肩甲挙筋

肩甲挙筋

長時間、集中し緊張した状況では肩が力が入り疲労を蓄積します

よく肩の力を抜き、リラックスしようと言われるゆえんです


斜角筋

斜角筋

この筋肉の間では血管や神経がとおりぬけています

過剰緊張すると血管が圧迫され腕や手にしびれやだるく

なったりする事があります


その症状が腕を上げた時に緩和するようであれば

斜角筋をしびれやだるさの原因として治療を

進めた方がよい可能性があります


肩こりの原因はこの筋肉だけではありませんが

主な筋肉の紹介させて頂きました

肩こりが進行すると頭痛やめまいを伴います

その理由は??

首から肩まで筋肉が過剰に

緊張するからです

筋肉が硬くなりすぎると毛細血管を圧迫し血行不良をおこします

姿勢や生活習慣やストレッチを組み合わせながら自分にあった

健康を身につける事がとても大切です

地図


営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

携帯電話お悩み


メールは24H受付中

ご希望の日程・時間を
第2希望まで入力下さい
緊急時に備えて電話番号の
入力をお願いしております

a:331 t:1 y:0