ぎっくり腰冷やす温めるトップページ

初期は冷やします

ぎっくり腰を温めるのか冷やすのか?

ぎっくり腰になった方は気になる疑問です

(正式には急性腰痛症といいます)

痛みに耐えて読む方を想定して

結論から言います

最初は冷やして後で温めるです


ただ以下の注意点もご確認下さい

腰に発熱がありますか?

熱い感覚があるなら炎症です

冷やしてください


発熱・熱感がなければ温めて下さい
 
冷やしすぎに注意1回5分~10分

軽減したら中止して下さい



 
冷やして不快感があれば中止して温める

冷やす事は痛みを麻痺させ

感じにくくする対処療法です

冷やす=痛みの鈍化

回復を促進させるには

その後に温める事が大切です


ぎっくり腰の冷やし方

保冷剤にタオルを巻いて腰に置く

氷を袋に入れてアイシング
(二重にして下さい)

5分~10分

冷湿布より上記の方が効果的です

ぎっくり腰の温め方

貼るカイロ

入浴し腰を温める又は

腰をシャワーで2分~5分温める

冷たい飲み物を避ける


まとめ

ぎっくり腰は冷やすか温めるか

最初は冷やして変化を感じない場合は

温める事をハートカイロでは推奨しています


ぎっくり腰の方に長文はきついので

状態に合わせて読んで頂ければと思います


冷やして炎症を弱める

ぎっくり腰になった時に説明される

状態の一つに炎症があります

この炎症が痛みを発生します

冷やすとはこの炎症を弱めるという事です


炎症の見つけ方

ぎっくり腰の炎症は

筋肉が微小断裂した時に起きます

炎症も個々によって違いがあります

炎症があるかないかの目安は

血流の促進から腰に発熱を感じるかを

目安にして下さい

↓ポイント↓

(腰の発熱です頭痛がある場合は病院で
感染などの検査をお勧めします)


炎症箇所の特定はできない?

ちなみにぎっくり腰では

医学的に血液検査で炎症が分かっても

細かい炎症箇所の特定はできないそうです

腰に炎症があるけれども

腰のどこに炎症があるのかわからない

という事です

ソースはこちらです

気になる方はご覧ください

朝日新聞のネット記事です

渡辺慶・新潟大学医歯学総合病院講師〈整形外科〉)

https://www.asahi.com/articles/SDI201510257135.html


そもそも炎症とは?

シンプルに説明します

「炎症の5大徴候」というのがあります

・発赤=赤くなる

・発熱=熱くなる

・腫脹=腫れ

・疼痛=痛み

・機能障害=運動機能・内臓機能の低下

血流の活動によって損傷個所に起きる変化です


炎症のメカニズムを理解するには

時間がかかります

今痛みに耐えている方は

急ぐ知識ではないと思います


料理の作り方を知りたいのに

材料の作り方まで調べる

必要がないのと同じです


炎症の3つの目的

炎症が起こると痛みが起こる

それを冷やす事で痛みを麻痺させ

軽減しますと説明しました

そもそも私達を困らせる

炎症の目的はなんでしょうか?


痛みという不快感

体に起きる炎症の目的を

シンプルに3つまとめました

「筋肉の微小断裂で体に起きる作用炎症とは?」

血液の供給を早める事で~


①損傷箇所に栄養と酸素を送る回復作業です

②損傷箇所の免疫力を上げ菌から守る
 
③損傷個所に痛みの発痛物質を送り保護を促す
 
つまり痛みを脳に送り

損傷箇所を守りながら

修復作業の3つの目的です


例えますと

①工事現場で実際に工事をする人

②工事現場で警備をする人

③現場を管理し状態を報告する人


そして冷やすという行為は

③の報告で耳が痛いから

少し黙っててね~と口を

ふさいでいるような状態です


冷やす事で痛みだけ軽減すれば

いいのですが回復力や

免疫力も低下させる為

痛みが軽減させても結果的に

長い期間違和感を感じる可能性もあります



冷やした後は温める

ぎっくり腰が痛くてまず冷やすのは

分かったけどいつまで冷やすのか?

次の疑問はこれです

出来れば早めに温めて下さい

痛みに発熱、熱感が引いたら直ぐに

温めて損傷した筋肉に回復させる栄養と酸素を

しっかり与える事が大変重要です


最初から温めても大丈夫なケース

・発熱・熱感がない

・痛みが激痛で無い場合

・基本的に冷やしたくない

・3日以上経過している場合


まとめ

ぎっくり腰は冷やすか温めるか

最初は冷やして変化がないなら

しっかり温めて栄養と酸素を

与えて痛みの軽減と回復を

すすめて下さい

冷やしても温めても体に変化がない

筋肉が緊張している気がする方は

ぎっくり腰が慢性的な腰痛にならないように

お早目にご相談下さい

ぎっくり腰を冷やすか温めるか?
動画でシンプル解説


夏のぎっくり腰

夏のぎっくり腰小

夏のぎっくりとは?

緩和する期間

ぎっくり腰が緩和する期間は?

ぎっくり緩和の期間


地図・薬院駅徒歩2分

薬院でぎっくり腰の緩和に
力を入れている整体院です


営業時間・電話番号

営業時間新

ハートカイロプラクティック

整体院・薬院駅徒歩2分

電話番号小

電話下顔


a:115 t:1 y:1