自律神経失調症6タイプ

自律神経失調症とは?

「肉体的なお悩み」

[check]緊張で手汗を感じることが多い

[check]寝つきが悪く、寝ても途中で
起きてしまう

[check]特に何もしていないのに
全身の怠さがある

[check]体の一部が極度に硬い
肩こりがひどい

[check]急に立った時やお風呂上がり
以外でのめまいがある

[check]測って熱はないのに、額の辺りが熱っぽい

[check]心臓がドキドキしている
感覚がある


「精神的なお悩み」

[check]会う人の殆どが自分の
悪口を言っていると思う

[check]最近、怒りっぽくなっていて
イライラ感がある

[check]理由もなく、不安に
襲われることがある

[check]上手く呼吸ができない
感じがする(口呼吸時)

[check]響く感じの耳鳴りがする

[check]突然に悲しくなったり
絶望感が襲ってくる

[check]人前で緊張感を強く感じる

[check]何をやっても上手くいかず
進みが遅いと感じる

[check]最近、ゆっくり休めたという実感が湧かない


「30代 女性 ガチガチの筋肉が緩和」

喜びの声:30代 女性 ガチガチの筋肉が緩和

「施術の感想」
肩・首のこりと
全身の筋肉、関節が
固いのが気になっていました
ストレッチやホームケアも
していましたが
追いつかないのと
元々自律神経が弱い事も
ありアクティベータ
試してみました

施術後、ガチガチだった
筋肉がやわらかくほぐれ
血行が良くなって
肌のトーンも明るく
なりました

指圧やもみほぐしでは
これほど変化はでないので
うれしいです

又先生にいやされ
毎回リラックッスします

「当院の回答」
お役に立てて本当に
うれしいです
自律神経系の乱れから
交感神経が過剰に働くと
血行不良を起こし
腰痛、肩こり、頭痛
しびれにつながります

おっしゃるように
自律神経を整えるのは
アクティベータ
得意としています

今後も健康維持の
お手伝いをさせて頂きます

個人の感想です効果を
保証するものではありません


自律神経失調症でお悩みの方

自律神経失調症では
原因が不明で
様々な症状が現れます
医師の検査を受けても
原因が分からず

「自律神経失調症でしょう」

と言われることも
珍しくありません

肩コリ、冷え性、疲れが
とれないといった症状も
自律神経失調症が
原因の可能性があります


どんな症状か?

症状のあらわれ方は
千差万別で個人差が
大きいのが特徴です

1つの症状しか
あらわれない人もいれば
3つも4つもあらわれる
人もいます

同じ症状が長く
続く人もいれば症状が
現れたり消えたりを
繰り返す人もいます

また、ある症状が
消えたかと思うと
別の症状があらわれたりと
いろいろなケースがあるのが
自律神経失調症の特徴です

疲れがなかなか取れない
異常に疲れやすい
関節がだるいといった
疲労感、運動や肉体労働を
していないのに疲れが
とれない朝から体が重いと
感じることがありませんか?

それは身体的
精神的ストレスによる
交感神経の緊張が原因か
もわかりません


自律神経失調症の症状

ふらつき

自律神経失調症からくる
ふらつきは立ち上がった
瞬間に気が遠くなる

歩いていてもフワフワと
感じるといった症状全身の
筋肉が緊張して
血行が悪くなっている
ことが原因です


めまい

•浮動性のめまい体が
フラフラするように
感じるもの

•回転性のめまい
自分自身もしくは
周囲がぐるぐる回る
ように感じるもの

自律神経失調症と関係が
深いのは浮動性めまい
立ち上がった瞬間に
気が遠くなる感じがしたり

まっすぐ歩くことが難しい
姿勢を保つことが難しいと
いった症状があらわれます


顔のほてり、手足の冷え

一般的な冷え性よりも
氷のように冷たく
感じるのが
自律神経失調症に
よる冷え
手足は冷えているのに
顔だけはほてりを感じる

冷えとほてりの
両方を感じる
「冷えのぼせ」が
起きることもあります

自律神経が乱れて
血液の循環が悪く
なることが原因で
月経痛の激しい女性不妊症
更年期の女性に多い症状です


動悸、息切れ

激しい運動をしている
わけでもないのに
動悸や息切れを感じる
血圧が上がる

胸に圧迫感を
感じることがある
検査しても異常がなければ
自律神経失調症の症状の
ひとつでしょう

ストレスで交感神経が
高まって筋肉が緊張し
脈拍が速くなった
ことが原因です


息苦しい

呼吸が早くなって息苦しさを
感じることがあります

特に夜寝ようとする時に
息苦しい酸欠感
息を吸い込めないように
感じることが多いようです

精神的なストレスや
不安感から気管支の
筋肉が緊張して起こる
症状です

・食欲不振
・食べると吐き気がする
・食べた後は胃が
 ムカムカする

消化器系を
コントロールしている
自律神経の乱れによって
起こる症状です

微熱が続く

女性は、生理前や妊娠中は
基礎体温が高くなります

そういった期間では
ないのに1ヶ月以上も
37度前後の微熱が
続いたり体がだるく
感じることがあります

ただし人間は
37度前後が本来あるべき
平熱、特に60歳代や
70歳代の方などは
平熱が37度という方も
意外と多いもの

「37度あることが異常」
というのではなく

今までは平熱が
低かったのに最近微熱が
続くようになった場合

例えば、今までの
平熱より1度ほど高い
微熱が続くように
なったのなら
自律神経失調症に
よる症状かもしれません

不眠

寝つきが悪い
眠りが浅い夜中に
よく目を覚ます
寝不足で昼間に
眠くなるといった症状

特に、運動で体が
疲れていたり気分が
リラックスしているのに
なかなか眠れない
というのが特徴的です

耳鳴り

実際には
音がしていないのに
キーンと大きな音が
聞こえる

感じたり音が
聞こえにくい耳にものが
詰まっているように感じる

「耳閉感」などの症状を
感じることがあります

中高年に多くみられる
傾向があります

便秘

消化器系は精神的な
影響をうけやすい器官です

ストレスが多いと
消化器系(胃腸など)の
はたらきが弱くなって
便秘になる傾向が高く
比較的代表的な症状の
ひとつです

強いストレスが
続くと便秘と下痢を
くりかえす事もあります

下痢

変なものを
食べていないのに
吐き気がする食後に
胃がムカムカする
下痢になるという症状が
あらわれます

強いストレスが続くと
下痢と便秘をくりかえす
こともあります

口の中の不快感

緊張すると口の中が
渇きますが緊張がなく
なれば元に戻りますよね

自律神経失調症から
くる口の不快感は
いつまでも続きます

口が渇く、舌が痛い
味覚を感じない
口の中のネバネバ感
歯の浮くような
感触といった症状です

喉の不快感、違和感

のどから食道にかけて
何かひっかかって
いるような感覚

物を飲みこもうとしても
詰まってうまく飲みこめない

のどを締めつける
圧迫感がある
比較的女性に多く
あらわれる
傾向があります

残尿感・頻尿

緊張している時
ストレスを感じている時

不安・恐怖を
感じている時などに
頻尿の症状があらわれて
トイレが近くなることが
多いのに好きなことに
集中している時や
眠っている間などは
頻尿や残尿感の症状が
あらわれにくい
傾向があります

精神的な症状

イライラ、憂うつ感
不安、焦燥感(あせり)

集中力や記憶力の低下
好奇心がなくなる
無気力になる

やる気がなくなって
何をする気にもなれない

ささいなことに
強い不安を感じる
なんとなく気分が晴れない
感情の起伏が激しくなって
すぐにカッとなったり
涙ぐんだりする
焦燥感(あせり)や
疎外感を感じる
なんとなく落ち込んだ
気分になる

画像の説明


自律神経をアクティベータで整えます

自律神経のバランスを整えます

アクティベータとは50年前に
アメリカでアリゾナ州で生まれた
カイロプラクティックの一つです

当院ではアクティベータ
乱れた自律神経を本来の
リズムに整えて行きます


神経系の流れ
筋肉や内臓や血管など全ての機能は
神経細胞の伝達によって活動しています

そして神経細胞が活動する時
微弱な振動数が生まれます

[check]健康な中枢神経では
30~50Hzの振動があると言われています


神経の流れを整え健康へ

この振動がきちんと行なわれないと
体が正常に機能せず不調から

自律神経のバランスが崩れ
自律神経失調症につながります


足の長さでバランスを見ます

アクティベータ
神経の流れが悪くなった箇所を

[check]左右の脚長差によって発見
矯正し神経のバランスを整えます

簡単に説明すると頑張ろうとする神経と
(交感神経)

休もうとする神経のバランスです
(副交感神経)

神経のバランスが崩れる原因は
寝不足や血不良や過労と考えられています
又女性の場合は更年期との関係で
自律神経失調症なる可能性が高いです

当院では自律神経のバランスを整え
慢性的なお悩みを緩和、軽減して
いきます


自律神経バランスデーター

[アクティベータの調整後データー例]
性別:男性
年齢:53歳
症状:肩こり、耳鳴り、不眠などの
自律神経失調症

A=施術前
B=アクティベータ施術後

自律神経データーグラフ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
クリックorタッチで拡大

A・・・縦グラフ

右側:副交感神経
左側:交感神経

4:6
5:5
6:6

バランスがノーマル

施術前は17.4:82.6で
副交感神経機優位型の
自律神経機能異常の
慢性的な症状を抱えた例

②・・・横グラフ

上側:身体的ストレス(左0・右10)
下側:精神的ストレス(中央が0)
精神的ストレスが慢性化した例

B・・・施術結果
アクティベータ施術後(1回の施術)は
53.1:46.9のノーマルに整う

B・・・施術結果
精神的ストレスも中央により

交感神経と副交感神経のバランスが整う

*一例で全ての方が
当てはまるわけではありません


サポートしている方

握手

自律神経系のリズムを整えたい

根本的な原因にアプローチしたい

[check]原因不明の体調不良を緩和したい

[check]本来の体調に戻したい

[check]長年の悩みを解消したい

[check]悪い部分も含めて全体的に
緩和したい

[check]ボキボキされるのが苦手

アクティベータは自律神経を整える
施術としてアメリカの
FDA食品医薬品局に認可を得ています

クリック又はタッチで拡大
FDA


心身条件反射療法

自律神経失調症は
無意識レベルでストレスが
関与している場合があります

ストレスが体の不調と
つながっている事は
医学的にも証明されています

当院ではメンタル面からの
痛みしびれを緩和・軽減する施術も行なっています

詳しくはこちら↓
心身条件反射療法小

腰痛とストレス・脳の関係とは?
詳しくはこちら↓
福岡腰痛メンタルセラピー小


患者様と目指すゴール

画像の説明

現代社会では携帯・スマフォ・PC
など常につながっており休まる時が
減っています

体が休まらないと自律神経の
バランスは崩しがちです男女に限らず
自律神経を整える事はとても重要です

[check]重だるい症状を緩和する

[check]体内のリズムが整える

[check]快適に仕事が出来るようにする

[check]育児・子育てが疲れにくくする

[check]休日、趣味や運動を楽しくする

[check]家族と過ごす健康的な
時間を増やす

なんだかわからない
体の不調、自律神経失調症で
お悩みの方は、一度ご相談ください
一緒に問題解決に取り組みましょう


地図


営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

携帯電話お悩み


メールは24H受付中

ご希望の日程・時間を
第2希望まで入力下さい
緊急時に備えて電話番号の
入力をお願いしております

a:718 t:2 y:1