膝痛トップページ

このような膝痛では?

座った姿勢から立ち上がる時に膝が痛む

階段の上り下りがツライ

歩いていると膝の内側が痛む

ロキソン・リリカなど痛み止めを飲んでも引かない

ヒアルロン酸注射を打っても効果が低い

レントゲンやMRIで軟骨がすり減っていると言われた

変形性膝関節症と診断された


「3回目くらいから膝痛が緩和してきました」

福岡 薬院 整体 膝痛

「施術の感想」

昨年から膝に痛みを感じるようになりました
膝の内側に痛みがあり病院でも緩和せずこちらに来てみました
丁寧で分かりやすい説明で安心して受ける事が
でき3回目頃から痛みもやわらぎ歩きやすくなりました

感想は個人によるもので
効果を保証するものではありません


整形外科の方法は?

整形外科の治療の基準は
「目に見える異常」です
まずは問診をしてからレントゲンを撮ります
又必要に応じてCTやMRIを撮ります
そこでなにか構造上の異常が
見つかればそれが痛みの原因となります

「レントゲン検査」

レントゲン

骨の構造上の異常が分かります

●骨折している

●骨が変形している

●O脚がひどい


「MRI検査」

膝 MRI

骨以外の検査はMRIを使います

●半月板がすり減っている

●軟骨がすり減っている
変形性膝関節症の判断材料
●膝に水が溜まっている

●膝に炎症がある

MRIでは軟部組織の状態が分かります

軟骨の状態・炎症・癌などが分かります

*大変重要な検査です

変形性膝関節症の研究結果

東京大学医学部

東京大学医学部の研究では
日本のレントゲンやMRI検査で
膝の変形や軟骨のすり減りで
「変形性膝関節症」と診断される方は

推定2400万人だそうです

しかし、変形があるから必ず
痛みが出るかというとそうでもありません

痛みがある変形性膝関節症は推定820万人
レントゲン上で変形がある人は2400万人です

変形があっても痛みがない人が
3分の2いるということになります

つまり病院へ行ってレントゲンを撮り
「骨が変形しているから痛いんです」っと診断を受けたとしても

実際は膝の骨が原因ではない
可能性があります

[check]では長引く膝痛の原因は他に何があるのでしょうか?

長引く膝痛とは?

膝痛の慢性化とは?

当院では膝痛が慢性化するのは
その痛みから習慣が変わる事が深く関与すると考えます
ではどんな習慣が慢性化につながるのでしょうか?

膝が痛いので運動量がへり筋力が低下した

動かない時と動く時の差があり体がおいついていない

長期に痛みを経験し歩くのに恐怖心がある


運動量が減ると良くない事が3つあります

①体重増加による膝への負担増加

②筋力低下による凝りの発生

③膝関節の組織が癒着して固まっていく
(油の無いチェーン)

これらが続くと脳への痛みの記憶が強化されます


「主な記憶は二つ」

動けない事でストレスの増加

長引く痛みへの恐怖心

こうなると慢性症状のスタートです
心身共に膝痛に過剰に反応し痛みの刷り込みを
脳に行います

痛みの刷り込みを解除するには?
パソコンをリセットするように脳につながる
神経系のリセットが必要です

神経系の働きが整う事で
膝をささえる筋肉のバランスも整っていきます


「施術を重ねると膝痛が軽減された」

田川さん

「施術の感想」

従来から正座がしにくい等膝痛に悩まされていた
ある事から膝に水が溜まり立ち上がる時に内側の方に
痛みを感じてきたので整形外科に通院していたところ

インターネットでアクティベータを
知り早速、施術を受け先生から教えて頂いた
運動もしながら施術に通った最初はあまり
感じなかったが施術を重ねるうちに少しづつ
痛みが軽減され腫れも少なくなってきた

これから神経の命令がうまく
伝わるよう通ってみたいと思う

*感想は個人によるもので
効果を保証するものでは
ありません


アクティベータとは

脊柱管狭窄症の解決
アクティベータとは50年前にアメリカ
アリゾナ州で生まれたカイロプラクティックの
手技の一つです

通常、人は脳からの指令を神経を通して体の筋肉や
内臓を正常に動かしています

神経系の流れ
その神経系の流れが悪いと力が入りにくくなったり

筋肉が硬いままで
慢性的な痛みを発生させます

足の長さでバランスを見ます
*神経の流れを検査します*

アクティベータでは
左右の長さを検査矯正し神経の
流れを整えます

結果,硬くなった筋肉をゆるくやわらかくします

膝痛を起こす筋肉

膝痛を招く代表的な筋肉が太ももの前面の筋肉です

膝痛(大腿直筋)

大腿直筋は膝を動かす上で大変重要な筋肉です
なぜなら大腿直筋は周辺の筋肉と違い
二つの機能を持っています


それは?


股関節を曲げ足を上げる働き

膝関節を伸ばす二つの働き


機能が高いゆえこの筋肉にこりや
張りがあると膝の運動機能が低下し体重を
上手くささえられません

そうなると体全体がアンバランスになり

[check]摩擦が生じ炎症が起こります

[check]バランスが悪い為周辺の筋肉が支えようとし他の筋肉も硬くなります

↓結果↓
痛みにつながっています
対策としてまず大腿直筋のこりを緩和します
そうすると膝関節の負担が減り
炎症も徐々に引いていきます

当然水もたまりにくくなります


次の膝痛の要因は内側の筋肉が硬くなっている事が多いです
(内側広筋・縫工筋・薄筋が関与)
膝、内側広筋


また膝の裏側の筋肉が硬くなっている方も多いです
(大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋が関与)
半膜様筋・半腱様筋


アクティベータではこれら
硬くなった筋肉を神経系のバランスを整える事で
やわらかくして痛みを緩和します

慢性的な膝痛が軽くなった

HP膝痛写真

膝痛

「施術の感想」
膝の痛みがとれずネットで検索をして
ハートカイロプラクティック整体院を知りました
初日アクティベータで全身を見て頂きました
詳しく説明、言葉かけ頂き安心致しました
だいぶ痛みも軽くなりました

*感想は個人によるもので効果を保証するものではありません*


サポートしている方

アクティベータと私

[check]階段の上り下りが怖い

[check]膝痛で仕事や家事がつらい

[check]膝痛を年齢のせいだとあきらめている方

当院は膝痛は結果であって膝以外にも背骨・骨盤
足首を総合的に整える事で安定した体調に整えていきます

これを膝だけの問題と見てしまうと対処療法に
なりその場しのぎで治癒を長期化させます

トータル的に調整する事で
体内の自然治癒力を発揮しやすくします

クライアントと目指すゴール

膝痛トップページ

硬い筋肉がゆるみ 膝痛の軽減、緩和

仕事や家事がスムーズに進む

好きだった趣味や運動の再開

外出も楽しく行動範囲が広がる

運動が出来き食事がより美味しく

運動するぶん体重管理がしやすく健康維持がしやすい

健康的な生活で人生を楽しく自分らしい生活を取り戻す

二人三脚で頑張ってみませんか?


人気がある記事

膝痛で知るべき情報とは?

東京大学医学部

もっと詳しく

膝に水たたまる理由は?

膝痛

もっと詳しく

地図


営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

電話HP顔


↓ネット予約はこちらから↓

ネット予約写真

友だち追加

メールは24H受付中

ご希望の日程・時間を
第2希望まで入力下さい
緊急時に備えて電話番号の
入力をお願いしております

a:3537 t:6 y:4