腰痛Q&A

腰痛Q&A

腰痛の原因かも?

腸腰筋

腰痛のかくれ原因で
ある筋肉があります
それは?

腸腰筋です
腸腰筋は
体の前の方に付く筋肉で
腰を曲げる時に使います
以下の時、腸腰筋を
検査します

①デスクワークで
 長時間座る方

②胎児のように体を
 丸めて寝る方

③腰だけでなくももの
 付け根部分に
 違和感がある方

④腰を前に曲げた場合に
 違和感がある方

 腰の前の筋肉は
 見逃しがちで慢性的な
 腰痛には調整を
 お勧めします

腰痛は安静が1番?

動かせる範囲で
かまいせんので
なるべく普段の生活を
して下さい

寝てばかりだと
治りが遅くなるばかりか
筋力の低下、ストレスの
蓄積で椎間板の老化の
原因になります

椎間板の老化について
説明します

背骨の間にある椎間板は
スポンジが水を吸うように
水分や栄養を得ています
ですから、無理のない
程度に動いた方が水分や
栄養が供給され
老化防止になります

このように椎間板の特徴から

安静より体を動かした方が回復が

早くなります

過剰な運動は
必要ありませんが
適度に体を動かす事が
腰痛の早期治療に
なる事が
「腰痛診療ガイドライン」
でも紹介されています

私も自身の腰痛の時は
無理しない程度に体を
動かしてました
そうすると痛みの軽減が
早かった事を体験しています

サポーターは効果あるか?

腰痛はサポーターで
改善しません
私もサポーターに
お世話になっていました

腰痛サポーターの役割は
腰痛の改善ではなく
労働や通常の動作が
腰痛によりどうしても
困難な時の
補助としての役割です

軽症な場合に
長期に活用すると
いつまでも依存する
事になり本来の持っている
筋力が低下し症状の
長期化につながる
可能性があります

依存しすぎると
骨折が治っても松葉杖をいつまでも
使っているようなものです

日本腰痛学会でも
腰痛サポーター使用で
痛みの改善は認めていません
つけることで
運動機能の改善には
有効とあります

腰痛診療ガイドライン

つまり腰痛の改善は
しないが付けている間は
体が動かしやすくなるのです

私も使っていた便利な
腰痛サポーター
考えた方としては
仕事でどうしても
出勤する時に使う

緊急サポートとしての役割

腰痛の痛みの度合は
人それぞれ
腰痛サポーターを
非難するのではなく
使用方法には注意が必要です

本来の自分の力を
損なわず過剰に依存しない
使用方法をお勧めます

腰痛に牽引療法は有効ですか?

腰痛に治療に牽引が
有効かどうか?
ご存知の方もいると
思いますが

たまに牽引治療を
されている方が
いますので改めて
その治療方法を
継続されるかどうかの
判断材料にして
頂ければと思います

「腰痛診療ガイドライン」
では腰痛に対する
牽引療法の患者2206例の
系統的レビューによると
単独治療として牽引療法は
プラセボ牽引と
比較して3ヶ月後
12ヶ月後の疼痛
機能、可動域、
欠勤などのすべての
項目において有意差が
ない事を示す
高いエビデンスが
存在し牽引療法が有効で
ある可能性は低いとあります

腰痛の治療で牽引療法の有効性は低い

このような
データーがあります
試して変化を感じなければ
中止する事をお勧めして
おります


腰痛や肩こりの治療は早い方がいいですか?

画像の説明

病気は早期発見
早期治療とよくいいますが
腰痛、肩こりにも
同じような事が言えます

その理由は、痛みの可塑性を
知る事で理解できます

痛みの可塑性??(゜o゜)

それは強い痛みを受け続け
神経が長期間興奮すると
その刺激がなくても
興奮し刺激を伝えると
いうものです

これを長期増強(LTP)
といいます''

例えば
仕事で重い物を毎日持ち
ギックリ腰になりました

その後、治ったのに
仕事場に行くと何故か
スイッチが入ったように
腰が痛くなります

これは刺激がなくても
体が危険を感じ回避した
結果、痛みが再現
されたものです

痛みの可塑性は
時として過剰に働きます

それを働かせ
ないようにするには?
早期発見・早期治療が
対策になります

体のサインを感じたら
素直に受診されることを
お勧めします

そうする事で慢性的な
痛みも回避する事に
つながります

&show(): File not found: "ce66ce1c15972646b666f633d2dab4d1_s.png" at page "福岡 腰痛Q&A";


腰痛は歪みが原因ですか?①

腰痛は背骨の歪みが
原因か?
そうでないか?

これは、歪みが原因と
直接的にいえば違います
なぜなら、生まれ持って
背骨の骨は人間の
個性のように左右非対称で
それが自然だからです

そして高齢になれば
骨密度も低下しゆがみが
出てくるのは、加齢で起こる
自然な現象です

そもそも歪み
そのものが腰痛の原因で
あれば高齢者の皆さんが
腰痛でなければなりません

しかし腰痛が最も多い
発症年齢は30代前半から
40代です

これでは腰痛の原因が
歪みである理由になりません

色々な治療院が歪みを
宣伝として利用するのは
姿勢の良い悪いなどから
形としてイメージし
やすいからです

よって

「歪み」=「腰痛」

ではないと
ご提案しております

例外=そくわん症は例外です


腰痛は歪みが原因ですか?②

腰痛は歪みが原因ですか?
直接的には間違いです
とお伝えさせて頂きました

では間接的には正しいの?
なんて疑問が沸いてくると
思います。

そうです間接的には
骨の歪みは腰痛と関与して
います

ただし繰り返しますが
骨は1人で勝手に歪みません

加齢での円背(丸くなる)や
骨粗しょう症や
そくわん症以外は別にして

骨だけが何の影響もなく
1人で歪む事はありません

では何が原因で骨が
ゆがむという現象が
起こるのでしょうか?

そもそも骨はどうやって
動いているでしょうか??
当たり前ですが
筋肉の収縮と弛緩に
よって動いています

つまり、骨の歪みの原因は
筋肉の過緊張です

画像の説明

筋肉が過労とストレスにより
過剰な緊張状態にあり

あらゆる動作で

活動のアンバランスが起因で

結果的に骨がゆがむという

現象が起こります

ですから歪みを治す
という治療がなされる
時まず筋肉の緊張をとる
必要があります

[check]バランスの良い
 筋肉の使い方が良い
 姿勢をつくります

[check]適度な運動で
 血流をよくして
 筋肉をかたくしない

[check]ストレスを
 溜めすぎない

まとめ

●腰痛の原因は
 歪みではなく
 歪みを起こす筋肉の
 硬縮が原因

●視点は姿勢よりも
 筋肉を柔軟にする事が大切

●さらに根本的には筋肉を
 操作している神経系を
 整える事が大切です


ぎっくり腰の時は冷やす?温める?

「新しい腰痛対策Q&A21」
によると

本人にとって
気持ちよければ温湿布
冷湿布どちらも
よいとあります

私はどちらもお
勧めしていません
自身の腰痛と経験に基づいて
カイロで温める事をお勧め致します

その違いを説明します
[check]冷湿布

「メリット」
患部を冷やし痛みの感覚を
麻痺させ痛みに鈍感になる
(治っているわけではない)

「デメリット」
炎症鎮痛剤が配合され
回復しようとする
炎症作用が働きにくくなる
つまり回復が遅くなる
可能性がある

[check]温湿布

「メリット」
患部が温められ血流が
良くなり回復が高められる

「デメリット」
温めつつも炎症鎮痛剤を
使用する為
血管を収縮する事になり
温湿布の効果を半減する

温湿布・冷湿布どちらも
一時の痛みを抑える
対処療法であり
根本的な治療でない事が
分かります

炎症鎮痛剤は痛み半減する
代わりに血流低下を
起こし治るのを
遅くしますよって

炎症鎮痛剤が配合されていない

カイロをお勧め致します

a:354 t:1 y:0

地図

営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

携帯電話お悩み