腰痛Q&A

腰痛は安静が1番?

動かせる範囲で普段の生活をお勧めします

腰痛で過剰な安静は治りを遅くする事が腰痛学会

又海外の方でも分かっています


何故、出来るだけ動いた方がいいか説明します

背骨の間にある椎間板はスポンジが水を吸うように

水分や栄養を得ています、つまり

無理のない程度に動いた方が

椎間板が水分や栄養が吸収しやすくなり

老化防止になるとされています


スポンジの働きをする椎間板を動かすには適度な運動が大切です


日本整形学会が出版の「腰痛診療ガイドライン」でも

適度に体を動かす事が腰痛の早期治療に

つながると説明しています


私も自身の腰痛の時、無理しない程度に体を動かしました

そうすると痛みの軽減が早かった事を体験しています


サポーターは効果あるか?

結論から先言いますと

非常時に使うものでいつまでも依存すると

筋力の低下を招き結果、自身の腰痛を

長期化させると言われています


つまりサポーターは使い方次第で良いサポートをします


ただし長期に活用すると

いつまでも依存する事になり本来の筋力が低下します

すると症状の長期化につながる可能性があります


依存には十分注意が必要です


例えると骨折が治っても松葉杖をいつまでも

使っているようなものです


日本腰痛学会でも腰痛サポーター使用で

痛みの改善は認めていません

つけることで運動機能の改善には有効とあります


腰痛診療ガイドライン

つまり腰痛の改善はしないが付けている間は

体が動かしやすくなるのです


私も使っていた便利な腰痛サポーター考えた方としては

あくまでサポートで緩和と同時にはずす事が

腰痛の改善につながります


まとめ

腰痛サポーターは過剰に依存しない事が大切


腰痛に牽引療法は有効ですか?

腰痛に治療に牽引が有効かどうか?

ご存知の方もいると思いますが

たまに牽引治療をされている方がいますので

改めてその治療方法を継続されるかどうかの

判断材料にして頂ければと思います


「腰痛診療ガイドライン」では腰痛に対する

牽引療法の患者2206例の系統的レビューによると

単独治療として牽引療法はプラセボ牽引と比較して

3ヶ月後12ヶ月後の疼痛機能、可動域、欠勤などの

すべての項目において有意差がない事を示す高い

エビデンスが存在し牽引療法が有効で

ある可能性は低いと言われています


腰痛の治療で牽引療法の有効性は低い

つまり整形学会では効果は低いと結論づけています

このようなデーターがあります試して変化を

感じなければ中止する事をお勧めしております


腰痛や肩こりの治療は早い方がいいですか?

肩こり女性小

病気は早期発見早期治療とよくいいますが

腰痛、肩こりにも同じような事が言えます


その理由は???


痛みの可塑性を知る事で理解できます

痛みの可塑性??(゜o゜)

それは強い痛みを受け続け神経が長期間興奮すると

その刺激がなくても興奮し刺激を伝えるというものです


これを長期増強(LTP)といいます''

例えば仕事で重い物を毎日持ちギックリ腰になりました

その後、治ったのに仕事場に行くと何故か

スイッチが入ったように腰が痛くなります

これは刺激がなくても体が危険を感じ

回避した結果、痛みが再現されたものです


痛みの可塑性は時として過剰に働きます

それを働かせないようにするには?

早期発見・早期治療が対策になります

体のサインを感じたら素直に受診されることをお勧めします

そうする事で慢性的な痛みも回避する事につながります


腰痛は歪みが原因ですか?①

腰痛は背骨の歪みが原因か?

そうでないか?

これは、歪みが原因と直接的にいえば違います

なぜなら、生まれ持って背骨の骨は人間の個性のように

左右非対称でそれが自然だからです


そして高齢になれば骨密度も低下しゆがみが出てくるのは

加齢で起こる自然な現象です


そもそも歪みそのものが腰痛の原因で

あれば高齢者の皆さんが

腰痛でなければなりませんしかし腰痛が

最も多い発症年齢は30代前半から40代です


これでは腰痛の原因が歪みである理由になりません


色々な治療院が歪みを宣伝として利用するのは姿勢の

良い悪いなどから形としてイメージしやすいからです

よって

「歪み」=「腰痛」

ではないとご提案しております

例外=そくわん症は例外です


腰痛は歪みが原因ですか?②

腰痛は歪みが原因ですか?

直接的には間違いですとお伝えさせて頂きました

では間接的には正しいの?

なんて疑問が沸いてくると思います


そうです間接的には骨の歪みは腰痛と関与しています


ただし繰り返しますが骨は1人で勝手に歪みません


加齢での円背(丸くなる)や骨粗しょう症や

そくわん症以外は別にして

骨だけが何の影響もなく1人で歪む事はありません


では何が原因で骨がゆがむという現象が起こるのでしょうか?


そもそも骨はどうやって動いているでしょうか??


当たり前ですが筋肉の収縮と弛緩によって動いています


つまり、骨の歪みの原因は筋肉の過緊張だと考えられます


画像の説明

筋肉が過労とストレスにより過剰な緊張状態にあり

あらゆる動作で活動のアンバランスが起因で

結果的に骨がゆがむという現象が起こります


ですから歪みを治すという治療がなされる時

まず筋肉の緊張をとる必要があります


[check]バランスの良い筋肉の使い方が良い姿勢をつくります

[check]適度な運動で血流をよくして筋肉をかたくしない

[check]ストレスを溜めすぎないなどが必要です


まとめ

●腰痛の原因は歪みではなく歪みを起こす筋肉の硬縮が原因

●視点は姿勢よりも筋肉を柔軟にする事が大切

●さらに根本的には筋肉を操作している

 神経系を整える事が大切です


ぎっくり腰の時は冷やす?温める?

「新しい腰痛対策Q&A21」によると

本人にとって気持ちよければ

温湿布冷湿布どちらもよいとあります


私はどちらもお勧めしていません

自身の腰痛と経験に基づいて


カイロで温める事をお勧め致します


その違いを説明します


冷湿布

「メリット」

患部を冷やし痛みの感覚を麻痺させ痛みに鈍感になる

(治っているわけではない)


「デメリット」

炎症鎮痛剤が配合され回復しようとする炎症作用が

働きにくくなるつまり回復が遅くなる可能性がある



温湿布

「メリット」

患部が温められ血流が良くなり回復が高められる


「デメリット」

温めつつも炎症鎮痛剤を使用する為血管を

収縮する事になり温湿布の効果を半減する


温湿布・冷湿布どちらも一時の痛みを抑える対処療法であり

根本的な治療でない事が分かります



炎症鎮痛剤は痛みを半減する代わりに血流低下を

起こし治りを遅くする可能性があります


温湿布・冷湿布でも緩和が遅い場合又は

痛みというより重たいだるい症状であれば


炎症鎮痛剤が配合されていない

カイロをお勧め致します

カイロ

a:499 t:2 y:0