全身の痛み縮小


「痛みの仕組①」

みなさん腰痛や肩こり
などの辛い張りや違和感が
どのような仕組で
感じているか
興味がありませんか?

そんな情報より
ストレッチや
楽にする方法を教えてくれ
そんな声が聞こえてきそう
ですが昨今いろいろな
健康情報があり何が
正しくて何にが正しく
ないのか迷いませんか?

わたしもネットで色々
調べますが情報が色々あって
どれが本当なのか?
混乱している時があります

そんな時、根本的な
人間の仕組を
知っている事は正しく
情報を理解する
のに役立ちます
それでは慢性的な痛みが
どのような仕組くで
おこるのか説明します

怪我や痛みを感じる時は特には
痛みの発生物質ブラジキニン
が発生します

ではそのブラジキニンが
どのように発生し脳に
伝える電気信号になるのか
を共有していきます

画像の説明


「痛みの仕組②」

なかなか知る事のない
知識ですがそもそも
痛みって何??

この苦痛って
どこから来るの??

そんな疑問が少し
でもある方は参考に見て
頂ければと思います

主な痛みには、その痛みの
発生物質ブラジキニンが
関係していると説明しました

それではブラジキニンが
発生する過程を
記述します患部が
連続して刺激を受けると
脳はそれを受けて
交感神経を緊張させます

交感神経系を
詳しく知りたい方は
こちらをクリック

交感神経

②それによって血管が
縮みその結果、当然血流が
悪くなり筋肉細胞が
酸欠になります

③この酸欠という
危機状態に反応して
血液中の血漿から

ブラジキニンが出てきます

④このブラジキニンが
知覚神経(C線維)の
先端についている
ポリモーダル侵害受容器に
ぶつかると

⑤そこで痛みの
電気信号が発生し
プラスとマイナスの状態を次々に繰り返しながら
脳に伝わって行きます

「ポリモーダル侵害受容器」とは痛みを感知する
「痛みセンサー」です

痛みの悪循環①

危険状態を痛みという
感覚で知る大切な機能だと
も言えます


「痛みを理解しよう」

ドイツでは、慢性的な
痛みについて子供の頃から
学ぶ環境が整っており

「子供痛みセンター」という
大変分かりやすい動画あり
ご紹介します


しびれの仕組①

こんなしびれではない
ですか?

[check]首の他、肩・腕・肩甲骨の
辺りのしびれ

[check]腕から手にかけて痛みやしびれがある

[check]腕を挙げるとしびれが強くなり腕を下げると
楽になる

[check]足のしびれ、どちらかの手足だけ冷たい

[check]腰から足先に
かけて痛むしびれる

[check]運動時、妙に足が
重く反応も鈍い

[check]数分歩くと、脚が
しびれ歩行困難そして
しばらく休むと歩ける

しびれの原因を
ネットで調べて頂くと
頻繁に出てくるのが
「神経の圧迫」に
よるしびれです

・椎間板ヘルニア
・坐骨神経痛
・手根管症候群
・胸郭出口症候群なども
神経の圧迫と
解説されています

しかし本当に神経の
圧迫がしびれの
原因なのでしょうか?

石川県で有名な整形外科の
加茂先生は下記のような
解説をされています


以下加茂先生のお言葉を
拝借します

↓↓↓↓


椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄が痛みや
しびれの原因となることは
ありません

痛みやしびれは神経症状
ではありません
神経がヘルニアや
脊柱管狭窄などで
圧迫を受けても痛みや
しびれが出ることは
ありません

足裏の神経を想像して
ください
妊婦のおなかを
想像してください
神経は圧迫に対して
とても強く

圧迫したぐらいでは
何もおきません
強く絞扼(しめつけ)
すると麻痺が生じます

つまり、無感覚
運動麻痺が出ます

腰椎すべり症
分離症(初期の疲労骨折は除きます、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることは
ありません

加茂整形外科医院ホームページより転載。
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/


あまりにもネット上で
神経圧迫説が多く
偏りがあるように感じ
ませんか?

このように神経の圧迫が
原因ではない可能性も
考慮しながら診察を受けて
頂ければと思います


「しびれの仕組②」

では、神経の圧迫が
しびれの原因ではない
として根本的な原因は
何でしょうか?

その原因は大きく
二つあります

①筋肉の硬縮が血流を悪化
  (過労、筋肉の使いすぎ)

②交感神経の亢進が
  血流を悪化
  ・完璧主義、
  ・神経質
  ・ストレスの蓄積

①や②の血行不良から

神経細胞へ送る
酸素や栄養が不足し
シビレを起こします

よく例えるのが、正座です
長時間正座をしていると
血流が悪くなり神経細胞が
酸素不足栄養不足になります

「正座のしびれパターン」

  ①最初少しづつし
  びれてきます
  (5分程度)
  本当にじわじわです
  神経の酸欠です

②しばらくして
  足を伸ばします

③しびれの前に血流が
  下にどっと流れる感覚が
  起きます

④血流を改善すると
  同時に神経細胞にも
  酸素と栄養が供給されます

⑤するとさらにしびれが
  発生します
  正座中のしびれより
  伸ばした時の
  しびれの方が強い痺れを
  感じますので
  試してください

これは栄養と
酸素不足を起こした

神経細胞が早く
回復しようとして
いつもより早く
栄養と酸素を神経間に
流そうとするからです

本:痛み・鎮痛の基本としくみP,44参考


このようにジビレの原因は
筋肉と交感神経と血行不良が
大きく関与しています

その解決方法として
電気療法,温熱療法
ほぐしでも血流は
改善されます

しかし、一時的には
良くなりますが
しびれが元に戻ることが
あります

なぜでしょうか??

それは、交感神経が
緊張し、血流が悪くなっているからです

交感神経つまり
自律神経を整える事も
ジビレを緩和する大切な
方法です

アクティベータ
自律神経を整える
作用があります
しびれがある場合
3回から10回の集中ケアで
シビレが緩和するケースが
多いです


「シビレのたとえばなし」
これは私からの余談ですが
手の平を指で軽く
長めに押した
ままにして下さい

次にこれと同じ圧で
数回押して下さい
同じ圧でも数回押した方が
圧の刺激が強いように
感じたはずです

おそらく神経系の
働きはこれに
近いものあがり神経の
流れが早い時に
シビレとして
知らせてくれているのでは
と予測します

さらに神経細胞は
電気信号でやりとりしている点も含めエラーが
あるとビリビリするもの
感覚的に理解できると
思います

地図


営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

携帯電話お悩み


a:619 t:2 y:0