潜在性二分脊椎

二分脊椎は2種類あります

本来ならば脊椎の管の中にあるべき
脊髄が脊椎の外に出て癒着や
損傷しているために起こるさまざまな
神経障害の状態を言います。

主に仙椎、腰椎に発生しますが、
稀に胸椎、頚椎にも生じ、
その発生部位から下の運動機能と
知覚が麻痺し、内臓の機能にも
大きく影響を及ぼします。

したがって症状の個人差が
非常に広いのも特徴で、
単純に比較できません。
二分脊椎症は大きく
二種類に分かれます。

①顕在性二分脊椎症(開放性)
出生後早急に脳神経外科医による
背中の閉鎖手術の必要があります。
仙骨・腰椎・胸椎等の損傷場所により、
症状には重度から軽度まで個人差はありますが、

下肢障害に対しては車いす・
補装具等、また排泄障害に対しては
導尿、摘便、浣腸、洗腸といった対処が必要となります。

潜在性二分脊椎症(脂肪腫)
幼児期はあまり症状が見られませんが,
成長期(学童期や思春期)になると、
脊髄係留症候群の危険があります。

腰の部分で癒着した脊髄は
身長の伸びについて行けずに引き延ばされ
(足や膀胱・直腸に行く神経の機能低下)、
転びやすくなったり、
尿を漏らすようになるなどの
症状が出てくることがあります。

a:175 t:2 y:1